JCB一般カードの評判・口コミは?利用者387人に聞いたメリット&デメリットやポイント活用術を大公開!

JCB一般カードの評判

国際ブランドのJCBが発行しているカードの中で、JCB一般カードは最もスタンダードなカードだと言われています。

そんなJCB一般カードを発行しようと考えている方の中には、「実際にJCB一般カードを使っている人の評判・口コミを知りたい」「他のJCBカードとの違いは何?」と疑問に思っている方もいるでしょう。

そこでこの記事では、一般社団法人日本ファイナンス協会の編集部が、JCB一般カードの利用者に独自アンケートを実施して得た評判・口コミを基に、JCB一般カードのメリット&デメリット、お得な活用術まで徹底解説していきます!

JCB一般カードのおすすめポイント
  • インターネットから申し込むと初年度年会費無料!条件を達成すれば翌年の年会費も無料!
  • いつもの買い物や海外での利用でOki Dokiポイントがたくさん貯まる!
  • 旅行傷害保険が充実している

JCB一般カードは、2024年1月31日(水)に新規発行を終了しました。JCB一般カードをこれから発行しようとしていた方は、同ランクのカード「JCBカードS」への申し込みをおすすめします。

また、18歳~39歳の方は、JCB CARD Wを発行すれば、よりポイントが貯まりやすくなるので、そちらも是非検討してみてくださいね。

\ 大人気のクレジットカード! /

公式サイト:https://www.jcb.co.jp/w-apply

目次

JCB一般カードとは

JCB一般カード

早速、JCB一般カードがどのようなカードなのか確認していきましょう!

年会費1,375円(税込)
初年度年会費無料(オンライン入会の場合のみ)
下の2つの条件を満たすと、翌年の年会費無料
①MyJチェックのご登録(年会費お支払い月の前々月19日まで)
②年間合計50万円(税込)以上のショッピングのご利用
申し込み対象18歳以上で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方。
付帯保険海外ショッピングガード保険:年間最高100万円
海外旅行傷害保険:最高3,000万円 ※利用付帯
国内旅行傷害保険:最高3,000万円 ※利用付帯
貯まるポイントOki Dokiポイント
ポイント還元率0.5%~5.0%
家族カード440円(税込)
本会員の年会費が無料の場合、家族会員も無料
ETCカード無料
付帯電子マネーQUICPay
スマホ決済Apple Pay / Google Pay™
発行スピード最短翌日

JCB一般カードの発行元である株式会社ジェーシービーは日本で唯一の国際カードブランドで、今ではVISAやMastercardと共に三大国際ブランドとしての地位を確立しています。

また、JCBカードは色んな企業と連携していて、個人カード・法人カードを合わせると160種類以上のカードを発行しています。

その中でもJCBオリジナルシリーズはスタンダードなカードで、特にJCB一般カードは18歳以上&安定した収入があれば誰でも申し込めるため、初めてのカードとしてもおすすめの1枚です。

JCB一般カードの良い評判・口コミ

JCB一般カードを実際に利用している387人に独自アンケートを実施し、入手した評判・口コミの中で良かったものを一部紹介します。

加盟店でポイントが貯まりやすくお得!

JCB一般カードのポイントは基本還元率が0.5%ですが、加盟店で買い物をすればポイント還元率が1%以上になるので現金払いよりお得です。特にセブン-イレブンはポイントが3倍になるので、欠かせない存在になっています。また、貯まったポイントはJCBギフトカードと交換できるのですが、交換率が良い点も気に入っています。

独自アンケート

プロパーカードなので使いやすい

メインカードは安全性&信頼性を兼ね備えているプロパーカードが良かったので、JCB一般カードを発行しました。日本初の国際ブランドということもあり、特に国内でとても使いやすいカードだなと感じています。

独自アンケート

サポート体制が万全

知らないうちにカードが不正利用された時にすぐにサポートから電話が来たので非常に助かりました。また、サポートセンターに問い合わせるといつでも親身に相談に乗ってくれるので、娘の初めてのカードとしても前向きに検討しています。

独自アンケート

Oki Dokiランドを経由してネットショッピングをするとポイントが貯まりやすい

JCB一般カード会員はOki Dokiランドという独自のオンラインショッピングサイトを使えます。このサイトを経由してAmazonや楽天で買い物するだけで、通常よりポイント還元率が高くなるのでおすすめです!

独自アンケート

デザインが気に入っている

JCB一般カードはデザインがシンプルなので、買い物をする際に出しても恥ずかしくありません。また、ディズニーデザインなども選べるため、ディズニー好きの方にとっては魅力的だと思います。

独自アンケート

このように、ポイントの貯まりやすさやプロパーカードとしての魅力、サポートが手厚いことを評価する評判・口コミが多かったです。

ポイント還元に関して補足をすると、JCB一般カードは1,000円の支払い=1ポイント貯まりますが、月末の総合金額に対して還元されるので、1回あたり1,000円以下の買い物をしてもポイント還元の対象になります。

また、年間100万円以上の支払いをすると、JCBN STAR MEMBERS(JCBスターメンバーズ)に自動登録&翌年のポイント還元率が50%アップするので、使うほどお得になるカードと言えますよ!

JCB一般カードの悪い評判・口コミ

続いて、独自アンケートをして得た評判・口コミの中で悪かったものを一部紹介します。

ポイント還元率は高いわけではない

JCB一般カードのポイントは基本還元率が0.5%で、1,000円の支払いでやっと1ポイント貯まるので、なかなかポイントが貯まりません。月に数十万使う方なら問題ないかもしれませんが、学生や専業主婦の方がポイ活目的で使うカードとしては不向きだと思います。

独自アンケート

2年目以降年会費を無料にするのが難しい

JCB一般カードの年会費は初年度無料ですが、2年目以降は年間50万の支払いがないと無料にならないので、あまりカードを使わない方はクリアするのが難しいと思います。そのため、もしJCB一般カードを発行するのであればメインカードとして使ったり、家族カードを発行したりすることをおすすめします。

独自アンケート

スマリボに注意

スマリボに登録すると年会費のキャッシュバックが受けられるのですが、毎月自動でリボ払いになってしまうので注意が必要です。リボ払いの手数料がかかるので実質キャッシュバックもそこまでないですし、キャンペーンに簡単に乗っからずに本当に得かどうか見極めなければいけません。

独自アンケート

JCB一般カードの悪い評判・口コミはそれほど見られませんでしたが、ポイント還元率の低さや年会費無料の条件が厳しいというものがありました。

とは言っても、普段買い物のほとんどをカードで済ませる方や、家族分の買い物もまとめてカード支払いする方はあまり問題ありません。

「初めてのカードで、どのくらいカードで支払いするのか分からない」という方は、まずはJCB一般カードを初年度無料で使って、ポイント還元率や年会費無料の条件に納得できると感じた場合に2年目以降も使うことをおすすめします!

JCB一般カードの評判・口コミから判明したメリット5選

ここでは、JCB一般カードのメリットを紹介していきます!

  1. Oki Dokiランドは2~20倍のポイントが貯まる
  2. 提携店舗で利用するとポイント還元率がアップする
  3. 海外旅行サービスが充実している
  4. 旅行傷害保険付帯が豪華
  5. 通信料を支払うとスマートフォン補償が最大3万円付帯

それぞれ確認していきましょう!

JCB一般カードの評判・口コミから判明したメリット|①Oki Dokiランドは2~20倍のポイントが貯まる

1つ目は「Oki Dokiランドは2~20倍のポイントが貯まる」ことです。

JCB一般カードを使ってポイント優待サイト「Oki Dokiランド」経由で買い物をすると、2~20倍のポイントが貯まります。

ポイントを最大の20倍にするためには対象店舗で購入しなければいけませんが、サイトにログインして買い物するだけでポイントは2倍になるので、活用しない手はありません!

対象ショップの例
  • Amazon:2~9倍
  • Yahoo!ショッピング:2倍
  • じゃらんnet:2倍
  • さとふる(ふるさと納税):4倍
  • ビックカメラ.com:2倍
  • ふるさとチョイス:2倍

対象ショップの例は上記の通りなので、この中によく利用するサイトがある方は是非JCB一般カードを発行してみてくださいね!

JCB一般カードの評判・口コミから判明したメリット|②提携店舗で利用するとポイント還元率がアップする

2つ目は「提携店舗で利用するとポイント還元率がアップする」ことです。

JCB加盟店でJCB一般カードを使えば、ポイント還元率が以下のように増えます。

加盟店ポイント還元率
モスバーガー
出光昭和シェル
ビックカメラ
2倍(1.0%)
セブン-イレブン
Amazon
小田急百貨店
高島屋
3倍(1.5%)
AOKI
洋服の青山
5倍(2.5%)
スターバックス
※スターバックスカードへのチャージ
10倍(5.0%)

このように、ビックカメラやセブン-イレブン、Amazonなど普段の買い物に使える店舗でもポイント還元率がアップするので、節約にもつながりますよ!

ただし、これらの店舗でポイント還元率をアップさせるためには、専用サイトでエントリーする必要があるので覚えておきましょう!

JCB一般カードの評判・口コミから判明したメリット|③海外旅行サービスが充実している

3つ目は「海外旅行サービスが充実している」ことです。

JCB一般カードの会員は、海外でJCBプラザ・JCBプラザラウンジを利用できます。ここでは、海外の加盟店への予約や日本語での観光案内などのサービスを受けられます。

そのため、海外旅行に不慣れな方や、頻繁に海外出張に行く方は便利なこと間違いなしです!

JCB一般カードの評判・口コミから判明したメリット|④旅行傷害保険付帯が豪華

4つ目は「旅行傷害保険付帯が豪華」なことです。

JCB一般カードは国内・海外旅行傷害保険が付帯されています。最大補償額は3,000万円なので、安心して旅行を楽しめますよ。

ただし、利用付帯なので、旅行に関する代金を必ずJCB一般カードで支払うようにしてくださいね。

JCB一般カードの評判・口コミから判明したメリット|⑤通信料を支払うとスマートフォン補償が最大3万円付帯

5つ目は「通信料を支払うとスマートフォン補償が最大3万円付帯」なことです。

2022年10月からJCB一般カードはスマートフォン補償も付帯するようになりました。補償の内容としては、ディスプレイの破損や火災・水漏れ、スマートフォンの盗難などが含まれます。

スマートフォン補償適用の条件
  • JCB一般カードの本会員が所有しているスマートフォンであること
  • 破損等の事故発生時点で購入後24か月以内のスマートフォンであること
  • 破損等の事故発生時点で補償対象のスマートフォンの通信料を直近3ヶ月間以上連続でJCB一般カードで支払っていること

上記の条件を満たせば最大3万円の補償を受けられるので、毎月のスマートフォンをJCB一般カードに設定しておくと良いですよ!ただし、補償を利用する時には自己負担額が1万円(盗難の場合は1.5万円)かかるので注意してください。

JCB一般カードの評判・口コミから判明したデメリット3選

続いて、JCB一般カードのデメリットを紹介していきます!

  1. 海外サイトや海外での利用に弱い
  2. 基本還元率が0.5%
  3. 年会費がかかる

それぞれ確認していきましょう!

JCB一般カードの評判・口コミから判明したデメリット|①海外サイトや海外での利用に弱い

1つ目は「海外サイトや海外での利用に弱い」ことです。

JCBは日本発の国際ブランドなので、国内では非常に使い勝手が良いものの、国外での利用にやや弱いです。

海外サイトでの買い物や海外の店舗ではJCBの取り扱いがないところもあるので、海外旅行に行く際にはVisaやMastercard®のカードも持っておくと安心でしょう。

JCB一般カードの評判・口コミから判明したデメリット|②基本還元率が0.5%

2つ目は「基本還元率が0.5%」なことです。

JCB一般カードは基本還元率が0.5%なので、他のカードよりもポイントが貯まりにくいと感じるかもしれません。

ポイント優待サイトや加盟店舗で利用するとポイント還元率がアップするので、上手に活用してくださいね。

JCB一般カードの評判・口コミから判明したデメリット|③年会費がかかる

3つ目は「年会費がかかる」ことです。

JCB一般カードはWeb入会をすると、年会費が初年度無料になりますが、2年目以降は1,375円の年会費がかかります。

「MyJチェックの登録&年間50万円以上の利用」という条件を満たせば2年目以降も年会費が無料になりますが、還元率が高くなかったり加盟店舗に限りがあったりするので、JCB一般カードを使うメリットがあまり感じられない方もいるでしょう。

まずは、Web入会をして1年間無料でJCB一般カードを試してみて、恩恵が受けられると感じた場合に2年目以降も使うことをおすすめします!

JCB一般カードの評判・口コミから判明したOki Dokiポイント活用術

続いて、JCB一般カードで貯まる「Oki Dokiポイント」の活用術を大公開します!

  1. 商品と交換する
  2. 買い物で使う
  3. 支払い金額に充てる
  4. マイルや他社ポイントと交換する
  5. プレモカードにチャージする

それぞれ解説していきます!

JCB一般カードのOki Dokiポイント活用術|①商品と交換する

1つ目は「商品と交換する」ことです。

JCB一般カードの利用で貯まったOki Dokiポイントは、例えば、以下のような家電やグルメなどと交換できます。

Oki Dokiポイントと交換できる商品
  • 東京ディズニーリゾートパークチケット:1,600ポイント~
  • スーツケース:5,150ポイント
  • 炊飯器:4,490ポイント~
  • プレミアムモルツ:980ポイント~
  • タニタの体組成計:1,100ポイント
  • 国産和牛切り落とし:1,350ポイント

JCBは東京ディズニーリゾートとも提携を結んでいるので、宿泊施設の利用券やパークチケット、ディズニーリゾートでの食事券といった商品とも交換できます!

ディズニー好きな方は是非Oki Dokiポイントを貯めて、お得にディズニーを楽しんでくださいね!

JCB一般カードのOki Dokiポイント活用術|②買い物で使う

2つ目は「買い物で使う」ことです。

JCB一般カードを使ってAmazonで買い物をするとき、Oki Dokiポイントを1ポイントから使えます。

スターバックスカードにも1ポイントからチャージできるので、ポイントの使い道に困ることはないでしょう。

また、商品券と交換したりオンラインギフトを購入したりもできるので、身近な人に感謝の気持ちを込めてプレゼントを贈っても良いですね。

JCB一般カードのOki Dokiポイント活用術|③支払い金額に充てる

3つ目は「支払い金額に充てる」ことです。

毎月15日までに支払いに充てたいポイント数を申し込めば、1ポイント=3円分をカードの利用金額に充てることができます。

ポイントはやや貯まりにくいものの、支払いに充てるときには高還元率になるので、お得にポイントを使いたい方にぴったりです!

JCB一般カードのOki Dokiポイント活用術|④マイルや他社ポイントと交換する

4つ目は「マイルや他社ポイントと交換する」ことです。Oki Dokiポイントは、提携先の会社のポイントやマイルに交換することもできます。

特に、nanacoポイントに交換と、1ポイントで5ポイントに換算されるので非常におすすめです。

セブン-イレブンでJCB一般カードを使えばポイント還元率が1.5%になる上に、nanacoポイントも貯まるので、是非上手に活用してみてくださいね。

JCB一般カードのOki Dokiポイント活用術|⑤プレモカードにチャージする

5つ目は「プレモカードにチャージする」ことです。

プレモカードとは、JCBのギフトサービスの1つで、現金をチャージしてAmazonやマクドナルドなどの支払いに使えるカードです。

Oki Dokiカードでチャージすることもでき、1ポイント=5円に換算されるので、ポイントを最大限お得に活用したい方におすすめです!

JCB一般カードとJCB CARD Wの違い

ここでは、JCB一般カードとJCBカードの中で人気のあるJCB CARD Wを比較していきます。

スクロールできます
カード名JCB CARD WJCB一般カード
年会費無料1,375円(税込)
初年度年会費無料(オンライン入会の場合のみ)
下の2つの条件を満たすと、翌年の年会費無料
①MyJチェックのご登録(年会費お支払い月の前々月19日まで)
②年間合計50万円(税込)以上のショッピングのご利用
還元率1.0%~5.5%0.50%~5.00%
申し込み条件18歳~39歳18歳以上
ポイントの種類OkiDokiポイントOkiDokiポイント
公共料金支払い時の
還元率
1.0%0.5%
特徴ポイントアップサイト「OkiDokiランド」利用で最大10%ポイント還元年間50万円以上利用で翌年のポイントが最大50%アップ
キャンペーン最大20,000円相当がもらえる最大15,000円相当がもらえる
申し込みボタン公式サイトを開く
※2024年7月時点

JCB一般カードは、2024年1月31日(水)に新規発行を終了しました。JCB一般カードをこれから発行しようとしていた方は、同ランクのカード「JCBカードS」への申し込みをおすすめします。

JCB一般カードとJCB CARD Wは、基本還元率や申し込み条件が異なります。

JCB一般カードは年間50万円以上利用することで、翌年のポイント還元率が最大50%アップします。

一方、18歳~39歳であれば、年会費無料&基本還元率が高いJCB CARD Wがおすすめです!1度発行すれば、40歳以上でも使い続けることができるので、申し込みできるうちに発行してみてくださいね。

\ 大人気のクレジットカード! /

公式サイト:https://www.jcb.co.jp/w-apply

JCBカードを最短翌日発行する方法

JCBカードは最短翌日発行できるので、その方法を紹介していきます!

JCB一般カードを翌日発行するには、インターネットで申し込み&支払い口座の設定をしましょう。JCB一般カードを翌日発行する方法は下記の通りです。

JCB一般カードの最短発行方法
  1. JCB一般カードの公式サイトから、インターネット入会申し込みを選択する
  2. インターネットで「今すぐオンラインで口座を設定する」を選び、口座を登録する
  3. 入会審査
  4. カードの発行
  5. カードの到着

JCB一般カードの申し込みには本人確認書類が不要なので、銀行口座だけ用意しておきましょう。

カードの入会と同時に、WEB明細サービス「MyJチェック」に無料で自動登録されますよ。

JCB一般カードは、2024年1月31日(水)に新規発行を終了しました。本カードを既に発行している方は引き続き利用できますが、JCB一般カードをこれから発行しようとしていた方は、同ランクのカード「JCBカードS」への申し込みをおすすめします。

また、18歳~39歳の方は、JCB CARD Wを発行すれば、よりポイントが貯まりやすくなるので、そちらも是非検討してみてくださいね。

\ 大人気のクレジットカード! /

公式サイト:https://www.jcb.co.jp/w-apply

JCB一般カードに関するよくある質問

最後に、JCB一般カードに関するよくある質問に回答します。

JCB一般カードの審査は厳しいですか?

JCB一般カードの審査基準は公表されていません。

しかし、クレジットカードの審査では「収入が多いかどうか」だけでなく、「クレジットヒストリーに問題がないか」も重視されます。

自分の年収に自信がなくても、クレジットヒストリーに問題がなければ発行できる可能性はあるので、一度申し込んでみることをおすすめします。

JCB一般カードの利用限度額を教えてください。

利用限度額は一人ひとり異なり、自分の現時点のご利用可能枠、ご利用可能額、ご利用残高は「MyJCB」から確認できます。

JCB一般カードからJCB CARD Wに切り替える方法を教えてください。

以下の流れで切り替えることができます。

JCB一般カードからJCB CARD Wに切り替える方法
  • JCBカードの公式サイトおからJCB CARD Wを新規申し込みする
  • 申し込み後、JCB側から「JCB一般カードから切り替えるか」を確認する電話が来る
  • 切り替えを承諾すると、審査結果に関するメールが届く

JCB一般カードの評判・口コミ【まとめ】

JCB一般カードに評判・口コミについてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか?

JCB一般カードはプロパーカードで安全性&信頼性の高いカードです。ポイントの基本還元率はやや低めなものの、加盟店舗や独自サイトを経由することで他社カードよりお得にポイントを貯めることも可能ですよ!

18歳~39歳の方はJCB CARD Wを発行すればさらにポイントが貯まりやすくなるので、そちらも是非検討してみてくださいね。

\ 大人気のクレジットカード! /

公式サイト:https://www.jcb.co.jp/w-apply

目次