ファイナンスの力で世の中をより素晴らしく。

少子高齢化が進む現代社会において、個人のファイナンスへの理解は以前にも増して重要性を増しています。特に、老後の生活資金を自己責任で準備する必要があるため、厚生年金や投資信託、その他の金融商品への理解と活用は不可欠です。

この背景のもとで、一般社団法人日本ファイナンス協会は「ファイナンスの正しい知識の普及や健全な発展を目指す」ことを目的として設立されました。医療や介護、厚生年金などの社会保障の負担増加が予想される中、2025年問題に直面している日本では、国民一人ひとりが金融知識を充実させ、資産形成に対してより積極的に取り組むことが求められています。

一般社団法人日本ファイナンス協会の事業

事業紹介
service

投資啓発活動や金融セミナー
投資啓発活動や金融セミナー

NISAやつみたてNISA、厚生年金、確定拠出年金制度など、自助努力による資産形成を支援する制度の普及に力を入れています。

FXやネット証券、カードローンなどの金融メディアの運営
金融メディアの運営

ファイナンシャル・プランニング技能士などお金の専門家を中心となってFXやネット証券、カードローンなどの金融メディアを運営しています。

FXやカードローンなどの金融・投資に関わる記事監修支援
金融・投資に関わる記事監修支援

ファイナンシャルプランナーや証券外務員の資格を持つ専門家がFXやカードローンサイトの記事監修を行います。

ファイナンス専門家へのインタビュー事業
ファイナンス専門家へのインタビュー

「ファイナンスの最前線」で、研究をしている大学教授やプロフェッショナル、金融機関のリーダーたちに、ファイナンスに関してインタビューをしています。

東京の海上保険・火災保険の提案
東京の海上保険・火災保険の提案

東京エリアを中心とした海上保険・火災保険をはじめとするファイナンスやITソリューション全般にわたって、ライフサイクル全体を通したトータルサービスを提供します。

金融情報提供と業界提言
金融情報提供と業界提言

業界の健全な発展と投資家保護を図るため、投資診断士やテクニカルアナリストと連携し、監督官庁や関連機関に対して積極的に提言や意見を表明しています。

協会概要

協会概要
一般社団法人日本ファイナンス協会の協会情報を掲載

協会の業務内容

協会の業務内容
一般財団法人日本ファイナンス協会の業務内容を紹介

一般社団法人日本ファイナンス協会の価値や役割

投資啓発活動や金融セミナー

一般社団法人日本ファイナンス協会は、NISAやつみたてNISA、確定拠出年金制度など、自助努力による資産形成を支援する制度の普及に力を入れています。特に、投資初心者や若年層、投資経験のない方々に向けて、正しい投資の知識を広めるための啓発活動に注力しております。これには、WebサイトやSNSを通じた情報提供、オンラインセミナーや動画コンテンツの提供など、多角的なアプローチを採用しています。

また、「長期・分散・積立」の投資原則を伝えるプロジェクトや、「Invest for Future!」などの取り組みを通じて、より良い未来への投資の重要性を強調しています。さらに、新しい学習指導要領に基づき、高等学校の家庭科や公共の授業で金融商品や資産形成について学ぶことができるように、教育機関向けの支援も行っています。

FXやネット証券、カードローンなどの金融メディアの運営

  • 情報の信頼性や情報の正確さ、かつ、最新の情報の3つを意識し、ユーザーの皆様へお届けすること。
  • ユーザーファーストを掲げ、読者の悩みや疑問点を明確に解決する記事を届けること。
  • ファイナンシャルプランナーなどの専門家を中心とした高品質の記事を公開し、1人でも多くの読者に正しい情報を届けること。

なお、FXやネット証券、カードローンなどの金融メディアの運営においては、日本FP協会などの権威性のある情報を参考にしています。

(参考文献) 人生100年時代”お金の「戦略」記事FPの知識を身につける記事 など

金融・投資に関わる記事監修支援

  • ファイナンシャルプランナーや証券外務員の資格を持つ専門家がWEBサイト記事監修を行うことで、世の中に質の高い記事を増やすこと。
  • 本当にユーザーにとって役立つ記事のお手伝いをさせていただき、中長期的なブランディング施策にも寄与する情報通信・デジタルマーケティング支援していくこと。
  • 一般社団法人だからできる切り口で、金融サイトオーナー様のインターネット集客に関するお悩みを解決していくこと。

記事監修に関しては、FXやネット証券、カードローン、キャッシング、クレジットカードなどの記事が専門となります。なお、ファイナンシャルプランナーなどの資格を保有した記事監修者も紹介しておりますので、経歴などをご確認されたい方はこちら

ファイナンス専門家へのインタビュー

「ファイナンスの最前線」で、研究をしている大学教授やプロフェッショナル、金融機関のリーダーたちに、ファイナンスに関してインタビューをしています。

現在の日本は転換期を迎えており、ファイナンスや金融の専門知識を広く提供する場として、インタビューで情報を広く発信することは一層重要になっています。

ファイナンスの専門家へのインタビューでは、金融市場の動向解析、投資戦略の開発、リスク管理の最適化など、幅広いテーマに対してインタビューをしております。特に、急速に変化する経済環境の中で、個々人や投資家が直面する課題に対して実践的な解決策を提案することに注力しています。

東京の海上保険・火災保険の提案

東京エリアを中心とした海上保険・火災保険をはじめとするファイナンスやITソリューション全般にわたって、ライフサイクル全体を通したトータルサービスを提供します。

金融情報提供と業界提言

情報提供の面では、投資診断士やテクニカルアナリストとも連携し、為替や投資信託に関する最新の統計や基礎データをホームページ上で公開し、投資家がより良い判断を下せるように支援しています。そして、業界の健全な発展と投資家保護を図るため、金融庁などの監督官庁や関連機関に対して積極的に提言や意見を表明しています。

一般社団法人日本ファイナンス協会の活動ガイドライン

CSR活動

一般社団法人日本ファイナンス協会は「MYじんけん宣言」に賛同しています

一般財団法人日本ファイナンス協会は、法務省が進める「MYじんけん宣言」に賛同しております。

人権尊重のための3つの方針

当社は人権尊重の考えに賛同し、以下の方針を定めました。

  1. 全てのステークホルダーの方の人権を尊重します。
  2. 年齢・性別・人種・障がいを問わず、風通しの良い職場環境づくりを目指します。
  3. 個々の意見・人格・思想・信条を尊重して行動します。

これらの方針に則り経済活動を行うことで、誰もが人権を尊重し合う社会の実現を目指します。

消費者志向自主宣言

一般社団法人日本ファイナンス協会は、消費者庁が推進する「消費者志向経営の推進活動」の趣旨に賛同して、消費者志向自主宣言を策定しました。

理念

一般社団法人日本ファイナンス協会は、まごころをこめた良質なサービスのご提供と笑顔のおもてなしを心がけ、みなさまに愛される法人をめざします。

取組方針

経営トップのコミットメント

経営トップは、ユーザー様の声に常に耳を傾け、問題の解決に導くサイト運営・サービス提供に努めます。

消費者への情報提供の充実と双方向の情報交換

当社は、メディア運営における制作ポリシーとして以下の3点を意識することで、ユーザー様にとって正確で有益な情報を発信できるように努めています。

  • 情報の信頼性:信頼に値する出典からの情報のみを選別して提供しています。
  • 情報の正確さ:公式サイトを常にチェックし、正しい情報をお届けすることを意識しています。
  • 情報が新しいかどうか:最新のキャンペーン内容や情報をお届けします。

また、お問い合わせフォームを活用し、ユーザー様からのご意見・ご要望は真摯に受け止め、改善に活かします。

コーポレートガバナンスの確保

一般社団法人日本ファイナンス協会は、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律を厳守した上で、金融メディアの運営や金融・投資に関わる記事監修支援、CSRやSDGsなどの普及活動を継続して行っています。

また、当社はファイナンシャルプランナーや証券外務員の資格を持つ専門家がWEBサイトの記事監修を行います。

サイト内で監修者の保有資格・監修者の紹介を公開することにより、クライアント様からも安心して業務を任せていただいております。

一般社団法人日本ファイナンス協会へのお問い合わせ

一般社団法人日本ファイナンス協会へのお問い合わせ

このように、一般社団法人日本ファイナンス協会は、日本の金融市場の発展と投資者保護を目指し、多方面からの支援と啓発活動を展開しています。個人が自らの将来に向けて賢明な資産形成を行えるよう、当協会は引き続き努力して参ります。