DMM株の評判からデメリット&儲かる噂を調査!口コミ203人の評価まとめ

DMM株

DMM株は金融商品の取り扱いが豊富な人気のネット証券会社で、株式手数料の安さや独自のポイント制度で高い評価を受けています。

そんなDMM株で取引しようか悩んでいる方の中には「実際の利用者からの口コミを知りたい」「どのような人におすすめなのか教えてほしい」という方もいるでしょう。

そこでこの記事では、実際にDMM株の利用者203人から得たリアルな評判・口コミをもとに、DMM株のメリットやデメリットを徹底解説していきます!

DMM株の評判【要約】
  • DMM株の手数料は業界最安水準!
  • DMM株のIPOは事前入金不要&完全平等抽選
  • スマホアプリ「DMM株」は初心者でも満足に使える

DMM株は、国内株は1約定55円~&米国株0円で取引できる手数料の安さが魅力的な証券会社です。手数料の負担を少しでも減らしたい方は、是非DMM株で口座を開設してみてくださいね。

目次

【独自調査】DMM株をリアルな評判・口コミから分析

本記事を執筆するにあたり、日本ファイナンス協会編集部がDMM株の利用者203人に独自アンケートを実施しました。

ここでは、DMM株ユーザーにDMM株のメリット・デメリットについて質問した時の独自調査結果を紹介します。

調査目的:DMM株を実際に使ったことがある人への満足度・実態調査
調査対象:DMM株を使ったことのある人/現在使っている人203人
調査方法:WEBでのアンケート(セルフアンケートツール「QiQUMO」などを使用)
実施期間:2023年9月4日(月)~9月15日(金)

DMM株ユーザーの満足度に関する独自調査結果
  • 総合満足度 78.3%
  • 良い評判
    • 手数料が安い
    • IPOに強い など
  • 悪い評判
    • システム・ツールがやや不安定
    • アプリを使い分ける必要がある など

利用者203人に独自アンケート調査を行った結果、総合満足度が78.3%と非常に高いことが分かりました。

この記事では、利用者への独自アンケート調査で入手したリアルな評判・口コミを包み隠さず紹介していきます。

なお、DMM株は金融庁登録を受けているので、安心して口座開設・取引できる証券会社です。

DMM株の評判・口コミ【デメリット&悪い評価】

まず最初に、DMM株の利用者からの悪い評判・口コミを紹介します。

  • DMM株は単元未満株を取り扱っていない
  • DMM株の手数料は定額コースがない
  • IPOの当選確率が低い
  • 米国株銘柄の種類が少ない
  • DMM株はメンテナンスが多い

実際の評判・口コミとともに解説していきます!

DMM株は単元未満株を取り扱っていない

1つ目は「DMM株は単元未満株を取り扱っていない」です。実際の利用者からの評判・口コミを紹介します。

30代男性 / 投資経験者

★☆☆☆☆

DMM株は単元未満株の買付に対応していないので、不便に感じます。証券保管振替機構を介せば、発行会社に買取請求ができるようですが、手間も時間もかかりそうで使ったことはありません。

独自アンケート

20代女性 / 投資未経験

★★☆☆☆

DMM株はミニ株投資がないので、少額資金しか持っていない時は非常に苦労しました。その時は1株から投資可能な他社で購入しましたが、DMM株もミニ株サービスを導入してほしいです。

独自アンケート

DMM株では単元未満株に関して買い取り請求のみに対応しているため、基本的に1株からの取引は行うことができません。

買い取り請求をする場合、DMM株のWeb版取引ツール「PC WEB版 DMM株 STANDARD」またはスマホアプリ「DMM株」から手続き可能です。他社ではネット手続きできないところもあるので、利便性は比較的高いでしょう。

単元未満株の取引をしたい場合は、1株から取引できる次のようなネット証券を使ってください。

単元未満株の取引ができる証券会社
  • マネックス証券
  • 楽天証券
  • 松井証券
  • auカブコム証券
  • SBI証券

DMM株の手数料は定額コースがない

2つ目は「DMM株の手数料は定額コースがない」です。実際の利用者からの評判・口コミを紹介します。

40代男性 / 投資経験者

★☆☆☆☆

私はデイトレードをメインに行っているので、定額コースがないのはかなりの痛手です。DMM株はもともとの手数料が安いものの、何度も取引すると手数料もかさむので、あまりメリットに感じたことはありません。

独自アンケート

20代男性 / 投資未経験

★★☆☆☆

証券会社の手数料体系は、定額コースと約定コースから好きな方を選べると思っていたので、DMM株は定額コースがないと知り驚きました。もともと1日に何度も取引するわけではなく、現在不便は感じていませんが、他社に比べて不親切な印象です。

独自アンケート

このように、DMM株の手数料体系は1約定ごとに手数料を支払う「約定コース」のみです。ちなみに、現物取引をする場合に発生する手数料を大手他社と比較した結果は以下の通りです。

約定代金DMM株大手他社*
~5万円以下55円55円
5万円超~10万円以下88円99円
10万円超~20万円以下106円115円
20万円超~50万円以下198円275円
50万円超~100万円以下374円535円
100万円超~150万円以下440円640円
150万円超~300万円以下660円1,013円
300万円超~880円1,013円
*大手他社=マネックス証券、SBI証券

基本的にDMM株でも手数料を抑えられますが、大手ネット証券の多くは定額コースも用意しているため、取引回数が多い方は定額コースのある他社の方が安い手数料で取引できる可能性もあります。

しかし、DMM株では手数料に対して1%分の株ポイントを付与していたり、25歳以下の方は現物手数料が全額キャッシュバックされたりと、格安な手数料を実現するためのサービスが充実しています。

まずはDMM株で口座開設して、自分のトレードスタイルや年齢で手数料が安くなるかどうかを確かめてみてはいかがでしょうか。

IPOの当選確率が低い

3つ目は「IPOの当選確率が低い」です。実際の利用者からの評判・口コミを紹介します。

50代男性 / 投資経験者

★★☆☆☆

DMM株でIPO投資をするのはおすすめできません。なぜなら、IPOやPOをする会社の主幹事・副幹事を務めた経験がこれまでになく、IPO株式の割り当てがないからです。IPOに強い証券会社は他にたくさんあるので、そこまでDMM株でIPO投資をすることにこだわらない方が良いのかなと感じています。

独自アンケート

40代女性 / 投資経験者

★★☆☆☆

他社と併用して、DMM株でも東証マザーズや東証二部のIPO株にたまに応募しています。分かってはいたものの、他社より販売される株数が非常に少なく、その頻度も数か月に一回とかなり期間が空きます。もちろん抽選に当たるとも限らないので、DMM株でIPOに応募し続けるのは難しいと思います。

独自アンケート

DMM株では2019年からIPOを取り扱い始めましたが、これまでの取引件数を他社と比べると、次のような結果になります。

年度DMM株マネックス証券楽天証券SBI証券
2019年3社48社26社82社
2020年5社55社38社85社
2021年5社65社74社122社
2022年12社61社65社89社

上記の比較表の通り、他社よりも取引件数が非常に少ない上に、口コミにもあったように、主幹事や幹事を務めた経験もありません。委託によって取り扱っている状況なので、参加チャンスが少なく、IPOの当選確率は低めです。

また、DMM株のIPOは取り扱い決定前に申し込みできるシステムで、申し込み後にDMM株への割り当てがないと判明したら「落選」と表示され、IPOは取り消されてしまいます。

このシステムが「DMM株のIPOは当たらない」という印象を強めている可能性もありますが、IPOであればマネックス証券・楽天証券などの取り扱い実績が豊富な証券会社や、主幹事を務めるSBI証券などの利用をおすすめします。

米国株銘柄の種類が少ない

4つ目は「米国株銘柄の種類が少ない」です。実際の利用者からの評判・口コミを紹介します。

30代男性 / 投資経験者

★☆☆☆☆

もともと日本株を取引していましたが、思ったよりも利益が出せず、成長企業の多い米国株を取引したいなと考えるようになりました。しかし、DMM株の米国株銘柄数は他社の半分程度です。大企業の株のみを購入するなら支障はないものの、私は中小も考えているので乗り換えようと思っています。

独自アンケート

40代女性 / 投資経験者

★★☆☆☆

DMM株は米国株を手数料0円で取引できるということで、口座開設しました。しかし、取引したいと思っていた米国株銘柄を取り扱っておらず、結局米国株に強い他社で取引している状況です。せっかく米国株を取引しやすい環境を整えているのだから、取り扱い銘柄ももっと増やしてほしいです。

独自アンケート

DMM株では、アップルなどの大企業の株を中心に米国株取引を行えます。また、300銘柄近くもの米国ETF、約120銘柄のADRも取り扱っています。

しかし、DMM株で取引できる米国株銘柄を他社と比較すると、ラインナップが充実しているとは言えません。

証券会社米国株の銘柄数
(2024年6月3日時点)
DMM株1,996銘柄
マネックス証券4,481銘柄
楽天証券4,740銘柄
松井証券4,164銘柄
auカブコム証券1,890銘柄

このように、米国株に強いマネックス証券や楽天証券と比べると、2倍近くの差があります。

米国株取引をメインに考えている方や、中小の米国企業まで投資したい方は、米国株を豊富に取り扱っているマネックス証券や楽天証券で取引することをおすすめします。

DMM株はメンテナンスが多い

5つ目は「DMM株はメンテナンスが多い」です。実際の利用者からの評判・口コミを紹介します。

40代男性 / 投資経験者

★★☆☆☆

私は平日は仕事に明け暮れているので、土日に分析ツールなどを用いて戦略を立てるようにしています。しかし、DMM株は週末にメンテナンスすることが多く、その際に保有銘柄の確認すらできなくなることに不満を感じています。

独自アンケート

30代女性 / 投資未経験

★★☆☆☆

メンテナンスがあるからこそ安全に取引できているのですが、せめて土日の夜間にしてくれたらなあと感じています。土日でも日中は口座状況を確認したい人が多いと思いますし、タイミングだけでも改善できないでしょうか。

独自アンケート

DMM株は、他社と同様に定期メンテナンスを含むシステムメンテナンスを行っています。

DMM株では毎週1回~月3回程度メンテナンスが実施され、いずれも土日の昼頃から開始されるようです。

そのため、取引そのものに支障が出ることはありませんが、保有銘柄を確認して分析したい場合や、口座状況をチェックしたい場合もメンテナンス終了を待つ必要があります。

どの証券会社を選んでもメンテナンスは避けれないので、自分の取引したい時間にメンテナンスが行われないか否かで口座開設する会社を選ぶのも一つの手でしょう。

DMM株の評判・口コミ【メリット&良い評価】

続いて、DMM株の良い評判・口コミを見ていきましょう。

  • DMM株の手数料は業界最安水準
  • 米国株の評価額の一部が信用取引の担保になる
  • DMM株のIPOは事前入金不要&完全平等抽選
  • DMM株のアプリは初心者向けモードがある
  • 取引するとDMM株ポイントがもらえる
  • 株取引以外の資金を証券口座に移動できる

それぞれ詳しく解説していきます。

DMM株の手数料は業界最安水準

1つ目は「DMM株の手数料は業界最安水準」です。実際の利用者からの評判・口コミを紹介します。

20代男性 / 投資経験者

★★★★☆

DMM株には手数料定額コースがありませんが、その分1約定ごとの現物取引手数料は非常に安くなっているので、不満に感じたことはないです。約定金額が100万円を上回ることはほとんどないので、基本的に他社よりお得に取引できると思います。

独自アンケート

30代女性 / 投資未経験

★★★★★

証券会社を選ぶ時に取引コストを一番重視しました。DMM株はトータルコストが業界最安水準で、振込手数料も無料になる点を魅力に感じています。さらに、取引に応じてポイントが貯まるので、お得に取引したい方におすすめです!

独自アンケート

DMM株は1約定ごとに手数料を支払う仕組みですが、現物取引手数料は大手ネット証券と比べてかなり安く設定されています。

約定代金DMM株大手他社*
~5万円以下55円55円
5万円超~10万円以下88円99円
10万円超~20万円以下106円115円
20万円超~50万円以下198円275円
50万円超~100万円以下374円535円
100万円超~150万円以下440円640円
150万円超~300万円以下660円1,013円
300万円超~880円1,013円
*大手他社=マネックス証券、SBI証券

また、信用取引に関しても手数料が格安で、約定代金が300万円以下の場合は88円(税込)、それを超えると一律無料で取引できます。

他社の場合、1約定ごとの約定代金が50万円を超えると385円(税込)の手数料が発生するので、ほとんどの方はDMM株を利用した方が手数料を抑えられるでしょう。

米国株の評価額の一部が信用取引の担保になる

2つ目は「米国株の評価額の一部が信用取引の担保になる」です。実際の利用者からの評判・口コミを紹介します。

40代男性 / 投資経験者

★★★★☆

DMM株では米国株も取引できますが、その米国株を担保に日本株の信用取引を行えます。ネット証券初の取り組みだそうで、DMM株を利用していて良かったなと思いました。

独自アンケート

30代女性 / 投資経験者

★★★★☆

DMM株は国内株式だけでなく、米国株式も国内信用取引の担保にできるため、必要資金が少額になるのがありがたいです。保証金換算率は6割なので、上手く活用すれば、かなり効率的な運用を行えます!

独自アンケート

DMM株では、国内株も米国株も信用取引の担保になります。米国株の場合、原則として前々営業日の最終価格の6割が担保として使えます。

米国株を担保として利用すると、長期保有の米国株を短期の資産運用に活用したり、投資の幅が広がったりと、資金効率アップを期待できます。

担保として使える株は166銘柄に限定されていますが、アップルやアマゾンドットコムの株は対象になっているため、米国大企業の株狙いの方は問題ないでしょう。

米国株を担保に信用取引できるのはDMM株・SBI証券だけなので、米国株取引も国内信用取引も考えている方は是非使ってみてください。

DMM株のIPOは事前入金不要&完全平等抽選

3つ目は「DMM株のIPOは事前入金不要&完全平等抽選」です。実際の利用者からの評判・口コミを紹介します。

50代女性 / 投資経験者

★★★★☆

もともと使っていた証券会社は、資金が多い人ほどIPOの当選チャンスが増えるような仕組みでした。DMM株は資金の多さに関係なく1人1票を申し込めますし、当選して初めて購入資金を入金するので、分かりやすいシステムで気に入っています。

独自アンケート

20代男性 / 投資経験者

★★★★★

DMM株のIPO投資は完全抽選制なので、私のように資金が少ない人でも当選チャンスがあります。また、前受金が必要なく、限られた資金でも効率的に投資できる配慮がされているなと感じます。

独自アンケート

証券会社によってIPOの入金タイミングは異なりますが、DMM株は事前入金不要で、当選した方のみが入金手続きを行います。

IPOの申し込み時に入金する証券会社の場合、抽選結果が出るまでその資金が拘束されるため、当選チャンスが限られてしまいます。しかし、DMM株であれば資金を有効活用できるので、少ない資金で投資している方から好評です。

また、DMM株は1人1票の完全平等抽選を採用しており、資金量に関係なく当選確率が一律です。

このように、DMM株のIPOは少ない資金でなるべくIPOの当選チャンスを増やしたい方に配慮したシステムになっています。限られた自己資金でIPOに申し込みたい方は、是非DMM株を使ってみてください。

DMM株のアプリは初心者向けモードがある

4つ目は「DMM株のアプリは初心者向けモードがある」です。実際の利用者からの評判・口コミを紹介します。

40代女性 / 投資未経験

★★★★★

DMM株のアプリには、通常の取引で使う「ノーマルモード」の他に、初心者向けの「かんたんモード」が用意されています。私も最初のうちは「かんたんモード」を利用していましたが、株取引=難しいというイメージが一気になくなりました!初心者の方に是非使ってほしい機能です。

独自アンケート

30代女性 / 投資経験者

★★★★☆

どの銘柄に投資しようか決めかねていた時に、DMM株の「かんたんモード」を利用しました。気になるテーマを選ぶだけで、そのテーマに関連する銘柄や関連度の高さが一目で確認できるので、今でもたまに使っています。

独自アンケート

DMM株が提供しているスマホアプリ「DMM株」には、「ノーマルモード」と「かんたんモード」があります。

「ノーマルモード」は、チャート発注機能が搭載されており、初心者から中~上級者まで満足に使えるのに対し、「かんたんモード」は見やすさ重視のシンプルな作りになっています。

口コミにもあった簡単に銘柄を選べる機能が特に人気で、その他にもアナリストや個人投資家の予想をチェックできる機能や、ファンダメンタル分析に必要な情報を入手できる機能も好評です。

なお、「かんたんモード」にはチャート機能がないので、ツールの操作に慣れて、ファンダメンタル分析をじっくり行いたくなったら「ノーマルモード」に切り替えることをおすすめします!

取引するとDMM株ポイントがもらえる

5つ目は「取引するとDMM株ポイントがもらえる」です。実際の利用者からの評判・口コミを紹介します。

40代女性 / 投資経験者

★★★★☆

DMM株は1万通貨取引するたびに1ポイントがもらえて、1ポイント=1円分として現金化できます。正直サクサク貯まるわけではありませんが、取引しているだけでポイントがもらえるのはお得なサービスだなと評価しています。

独自アンケート

30代男性 / 投資経験者

★★★★☆

DMM株で貯まったポイントで株を購入したことがあります。自己資金ではないので、ちょっと気になっていた銘柄をお試しで保有できて、ありがたかったです。現金化も可能で、使い道に困ることはないと思います。

独自アンケート

DMM株では、日本株取引で支払う手数料の1%を「DMM株ポイント」として貯められます。そのポイントはDMM口座に入金され、1ポイント=1円として現金に換金可能です。

ポイントは現金化後に出金して買い物に使うこともできますし、取引資金に充てることも可能です。一度現金化しないといけないのが手間ですが、取引するだけでポイントが貯まるのは嬉しいですよね。

なお、DMM株ポイントには有効期限があり、最長で付与日から1年以内となっています。有効期限に気を付けつつ、早めに現金化して有効活用しましょう!

株取引以外の資金を証券口座に移動できる

6つ目は「株取引以外の資金を証券口座に移動できる」です。実際の利用者からの評判・口コミを紹介します。

20代男性 / 投資経験者

★★★★☆

DMM CFDを長年使っているのですが、最近株取引にも興味が湧き始め、株デビューしました。その時にCFDの利益分を使って購入したので、現金を使うよりもプレッシャーがありませんでした。簡単に資金移動できるのは、DMMならではの魅力ですね。

独自アンケート

40代女性 / 投資経験者

★★★★☆

DMM株の資金はDMM CFDに自由に移動できるので、いちいち入出金手続きをする必要がありません。手続きも簡単で、よく使っています。

独自アンケート

DMM株の資金は、「DMM CFD-index」「DMM CFD-Commodity」「DMMバヌーシー」の口座へ自由に移動できます。また、これらの口座からDMM株の口座に資金移動することも可能です。

資金移動の手続きも非常に簡単で、振替元・振替先サービスを選び、振替ボタンを押すだけで完了します!PCだけでなく、スマホでも手続きできるので非常に便利です!

口コミにあったように、CFD取引で得た利益を使って株を購入するなど、活用方法はさまざまです。

入出金する手間も時間もかからないので、DMM株以外のサービスも利用するつもりの方は是非覚えておいてくださいね!

DMM株がおすすめな人の特徴

DMM株の評判・口コミをもとに、DMM株がおすすめな人の特徴を解説していきます!

  • 信用取引で1回300万円超を約定する方
  • 米国株を長期保有しつつ信用取引を行いたい方
  • 限られた資金で効率的にIPOに申し込みたい方

それぞれ詳しく見ていきましょう。

信用取引で1回300万円超を約定する方

1つ目は「信用取引で1回300万円超を約定する方」です。

多くのネット証券が提供している手数料定額プランでは、信用取引で300万円を超える場合に手数料が発生します。一方、DMM株は1約定ごとに手数料を支払う仕組みですが、約定代金が300万円を超えると手数料が無料になります。

そのため、信用取引で1回あたりの約定代金が300万円を超える方は、DMM株で取引した方が手数料を節約できますよ。

米国株を長期保有しつつ信用取引を行いたい方

2つ目は「米国株を長期保有しつつ信用取引を行いたい方」です。

先述した通り、DMM株では国内株式だけでなく、米国株式も信用取引の担保になります。

対象の米国株は限られているものの、原則として前々営業日の最終価格の60%分を担保として利用できるので、資金効率が向上するでしょう。

長期的な目線で米国株を保有しており、国内株の信用取引を考えている方には最適なサービスです!米国株を信用取引の担保にできる会社は珍しいので、DMM株ならではの魅力だと言えますよ。

限られた資金で効率的にIPOに申し込みたい方

3つ目は「限られた資金で効率的にIPOに申し込みたい方」です。

DMM株のIPOは、事前入金不要&完全抽選制を採用しています。

当選して初めて入金する分、抽選結果が出るまでの期間中も資金を自由に使えます。また、資金量に関係なく1人1票が与えられるので、自己資金が少ない方でも当選チャンスがあります。

ただし、DMM株のIPO件数は多くないため、他社のIPOにも申し込んだ方が良いでしょう。マネックス証券・楽天証券などの取り扱い実績が豊富な証券会社や、主幹事を務めるSBI証券などとの併用を考えてみてくださいね。

DMM株で口座開設する方法

続いて、DMM株で口座開設したいと思った方向けに、DMM株の口座開設方法を説明します。

DMM株の口座開設方法
STEP
口座開設の申し込み

DMM株の公式サイトにある「口座開設」ボタンをクリックします。

契約締結前交付書面の内容を確認して、画面の指示に従って必要事項を入力してください。

申し込みが完了すると、DMM株から申し込み完了メールが送られてきます。

STEP
本人確認・マイナンバー確認書類の送付

画面の案内に従って、下記の組み合わせのいずれかを提出してください。

代表的な本人確認書類とマイナンバー確認書類
  • マイナンバー「個人番号カード」(両面)
  • 個人番号が確認できる書類と顔写真付きの本人確認書類1点
  • マイナンバー「通知カード」の写しと顔写真なしの本人確認書類2点
  • 全面を確認できるマイナンバー記載「住民票」の写しと顔写真なしの本人確認書類1点

提出方法は、スマホでスピード本人確認・アップロード・メール・FAX・郵送から選べます。

見切れや感光により不鮮明とDMM側が判断した場合は、再度提出する必要があるので注意してください。

STEP
口座開設完了

口座開設が完了したら、ログインID・パスワードに関する情報が通知されます。

スマホでスピード本人確認を選んだ場合はメール、アップロード・メール・FAX・郵送を選んだ場合は登録した住所宛てに届く「口座開設通知書類」に記載されています。

これでDMM株の口座開設は完了します!「スマホでスピード本人確認」を選べば最短即日で株式取引を始められるので、今すぐ取引したい方は是非活用してくださいね。

DMM株の詳細情報

DMM株には定額プランの手数料がありませんが、取引手数料が安いと評判を呼んでいます。

また、DMM株は取り扱っている金融商品が豊富なので、どのような取引ツールがあるのか気になっている方もいるでしょう。

そこでここでは、DMM株の取引手数料や取引ツール・アプリを紹介していきます!

DMM株の現物取引手数料(国内株式)

約定代金手数料(税込)
~5万円以下55円
5万円超~10万円以下88円
10万円超~20万円以下106円
20万円超~50万円以下198円
50万円超~100万円以下374円
100万円超~150万円以下440円
150万円超~300万円以下660円
300万円超~880円

DMM株の信用取引手数料(国内株式)

約定代金手数料(税込)
~300万円以下88円
300万円超~0円

なお、下記のいずれかの条件を満たすとVIPコースが適用され、信用取引手数料が無料になります。

VIPコースの適用条件
  • 日時判定
    • 当日の信用新規建約定代金合計5,000万円以上
    • 当日取引終了時点の未決済信用建玉残高5,000万円以上
  • 月時判定
    • 1ヶ月の信用新規建約定代金合計5億円以上
    • 判定日の未決済信用建玉残高5億円以上(当日取引終了時点)

DMM株のアプリ・取引ツール

DMM株には、「DMM株 PRO+」「DMM株 STANDARD」「スマホアプリ」の3つの取引ツールがあります。

DMM株 PRO+

DMM株 PRO+は注文機能とチャート機能が高性能のPC版トレーディングツールです。

取引の補助機能も充実しており、銘柄スクリーニング機能などを利用できるので、プロトレーダーにもおすすめです。

DMM株 STANDARD

DMM株 STANDARDは使いやすさを追求したシンプルな取引ツールで、Webブラウザで利用できます。

一目で情報を理解できるデザインで、決算情報・コーポレートアクション情報などの幅広い情報を入手可能です。他の基本機能もすべて集約しているので、取引ツール一つで取引を完結させたい方におすすめです。

スマホアプリ「DMM株」

スマホアプリ「DMM株」には、株取引初心者向けの「かんたんモード」とPC取引ツールに匹敵する機能を搭載している「ノーマルモード」をアプリ内で切り替えられます。

「かんたんモード」は取引で使う難しい専門用語や、複雑な操作が一切ないことが特徴です。また、今注目のテーマから銘柄を選んだり、購入可能額の条件から銘柄を選んだりできるので、銘柄選びが不安な初心者におすすめです。

一方、「ノーマルモード」はチャートからワンタッチで注文可能・板情報からもスピーディーな発注を実現させています。投資情報・テーマ検索・ランキングなど情報も充実しているため、スマホでも満足に取引可能です。

DMM株の評判に関するよくある質問

DMM株は儲かるって本当ですか?

はい。DMM株の手数料に定額コースはありませんが、約定ごとの手数料が他社よりも安いため、手元に残る利益が多いと評判です!

また、取引するとDMM株ポイントがもらえるので、実質的な取引コストをさらに抑えられますよ!

DMM株の入金方法を教えてください。

DMM株の入金方法には、「クイック入金」と「振込入金」の2種類があります。クイック入金は手数料無料&リアルタイム反映なので特におすすめです!

DMM証券の米国株にデメリットはありますか?

DMM株の米国株は他社に比べて銘柄数が少ないため、米国株取引メインに考えている方にはおすすめできません。

しかし、米国株の評価額の一部が信用取引の担保になるので、活用方法によっては他社よりも効率的な資産運用ができるでしょう。

DMM株のシステムメンテナンスはいつ行われますか?

DMM株は、月曜~土曜の6時15分~6時30分、日曜の3時~5時をメンテナンス時間としています。

また、別途システムメンテナンスが行われる場合は、事前に公式サイトで案内されます。DMM株で取引する際には、こまめに公式サイトを確認するようにしましょう。

DMM株でポイントは貯まりますか?

はい。DMM株では1万通貨取引するたびに1ポイントもらえて、1ポイント=1円分として現金化可能です!

ポイントは現金化後に出金して買い物に使うこともできますし、取引資金に充てることもできます。取引しているだけで貯まるポイントなので、非常にお得ですよ!

DMM株でクイック入金したいです。

DMM株のクイック入金方法は以下の通りです。

クイック入金方法
  • 取引ツール内の「入出金」から「クイック入金」を選ぶ
  • 入金額を入力する(最低入金額は5,000円~)
  • 「金融機関名を絞込」欄に金融機関名やキーワードを入力する
  • 「金融機関名を選択」のプルダウンをクリックして、金融機関を選択する
  • 取引暗証番号を入力する
  • 「入力内容を確認」をクリックして、内容を確認後「金融機関へ」を押す
  • 選択した金融機関のページの指示に従って入金を行う

クイック入金を選べば24時間いつでも振込手数料無料で入金できるので、是非使ってみてくださいね。

DMM株アプリの使い方が分かりません。

DMM株アプリを初めて使うのであれば、「かんたんモード」がおすすめです。

「かんたんモード」は難しい用語や複雑な操作が一切ないため、初めて株取引をする方でもすぐに使いこなせるようになります!「ノーマルモード」とはワンタッチで切り替え可能なので、慣れてきたら移行してみてくださいね。

DMM株の評判【まとめ】

DMM株の評判・口コミについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

DMM株は様々な金融商品を取り扱っている会社ですが、取引手数料の安さや約定力の高さで株トレーダーからの人気も急上昇中です。

特に手数料に関して、国内株は1約定55円~&米国株0円で、25歳以下の国内株式の現物取引手数料が0円なので、手数料の負担を少しでも削減したい方は是非DMM株で口座開設してくださいね!

目次