学生がお金を借りる方法を徹底解説!即日融資可能な借入先も網羅

学生がお金を借りる方法

「学生ではお金を借りられない!」「学生でもお金を借りる方法は何がある?」と考えている方も多いと思いますが、実は学生でもお金を借りる方法はたくさんあります。

高校生がクレジットカードを作ったりキャッシングの利用はできたりしませんが、同じ18歳でも大学生や専門学校生であればお金を借りることは可能です。

しかし、学生がお金を借りる場合、社会人になってから苦労しないためにも借り入れは必要最低限にしておき、きちんと返済計画を立てる必要があります。上手に利用できれば、一生の思い出に残る最高の学生時代を過ごせるはずです。

そこでこの記事では、学生向けのおすすめ借り入れ方法や注意点などについて詳しくまとめてみました。

目次

学生がお金を借りる方法6選

学生がお金を借りる方法として「消費者金融」「学生ローン」「奨学金」「銀行カードローン」「クレジットカードのキャッシング」「担保自動貸付」の6つが挙げられます。

最もおすすめなのは消費者金融のカードローンで、学生に対しても積極的に融資を行っています。それに対し銀行カードローンは少々審査の敷居が高いため、学生では審査落ちする可能性が高いです。

ここからは学生がお金を借りる方法について、それぞれ詳しく紹介していくので、ご自分に合った方法を探してみてください。

学生がお金を借りたい時に1番おすすめの方法は即日融資可能な消費者金融!

学生がお金を借りたい時におすすめしたいのは、SMBCモビット、プロミス、アコムなどの大手消費者金融が取り扱うカードローンです。

アルバイトで安定した収入がある学生でしたら親の承諾なしでお金を借りられますし、インターネットから申し込みをすれば、今すぐ振り込みによる借り入れも可能です。

学生が消費者金融で借りられるのは初回10万円程度となり、30日以内に完済してしまえば利息0円でお金を借りられます。

SMBCモビットは無利息期間を設けていませんが、その代わりに利息の返済でTポイントが貯まるので、複数回借り入れする予定のある方や、普段からTポイントを貯めている方であれば、他社より利息を抑えられる可能性が大きいですよ!

消費者金融と聞くと怖いイメージを持っている学生もいるかもしれませんが、大手では貸金業法に則って融資を行っていますし、テレビコマーシャルで知名度も抜群です。

一昔前のサラ金時代とは全く異なりますので、安心安全にスピーディーにお金を借りたいのであれば、是非とも消費者金融へ申し込みしてみてください。

中小企業が提供している学生ローンもある

学生ローンとは、専門学校生や大学生を多少に貸付を行っているローンのことで、一般的にはあまり知られていない中小企業が提供しています。

例えば「アイシーローン」「アミーゴ」「イー・キャンパス」などが挙げられ、アルバイトをしていれば親の承諾なしで学生でもお金を借りることができます。

大手消費者金融のように無利息期間や自動契約機はありませんが、学生を対象にしているため比較的通りやすい審査基準を採用しています。

審査時にはアルバイト先への在籍確認電話が行われますが、学生ローンの利用とは一切言わず、個人名で電話がかかってきますのでご安心ください。

学生は奨学金でお金を借りられる

使用用途は「入学費用」「学費」に限られますが、学生でしたら奨学金制度を利用してお金を借りることができます。

奨学金でしたら金利も最大で3.0%程度と低く、また在学中に利子は付かないため、卒業して社会人になってから無理のない返済が可能です。

借りれるお金も100万単位と大きいため、学費の捻出が困難なご家庭におすすめの借り入れ方法です。

ちなみに奨学金は、「日本学生支援機構」「大学独自」「地方自治体」「民間企業」の4種類があり、一般的には日本学生支援機構の利用者が多くなっています。

低金利な銀行カードローンは学生に対して審査が厳しい

学生でも年齢制限を満たしていてアルバイトで収入があれば、銀行カードローンでお金を借りることが可能です。

銀行カードローンは消費者金融よりも金利が低く、また総量規制の対象外ですので、収入額に左右されることなく、まとめったお金を借りられます。

さらに申し込みをした最短翌日に融資が実行されるため、少しでも早くにお金を借りたい学生にもおすすめします。

ただし、消費者金融よりも審査基準が厳しく、どれだけアルバイトで収入を得ていたとしても、学生という理由で断られてしまう可能性があります。

低金利な銀行カードローンは学生に対して審査が厳しいので、確実にお金を借りたいのでしたら消費者金融がおすすめです。

クレジットカードのキャッシング機能を利用すれば学生でもお金を借りられる

もしクレジットカードを持っているのでしたら、ショッピングとは別に用意されたキャッシング機能を使ってお金を借りることができます。

キャッシング機能をなしで申し込みをしていなければ、ほとんどのクレジットカードでキャッシング可能で、審査を受ける必要はありません。

ただし、クレジットカードのキャッシング機能は最大18.0%の金利が適用されますので、使い過ぎには十分にご注意ください。

また、限度額ギリギリまでショッピングで使っているとキャッシング機能が使えなくなる場合もありますので覚えておきましょう。

未成年の学生は郵便局の担保自動貸付を利用できる

郵便局に定額貯金や定期貯金がある場合、未成年の学生でも担保自動貸付を使って審査なしでお金を借りることができます。

高校生時代のアルバイトで稼いだお金を郵便局に貯金していたり、両親があなた名義で貯金をしていたりする場合には、今すぐ担保自動貸付の利用が可能です。

定額貯金や定期貯金という担保があるため、簡単な手続きだけで終了し、あとはATMを使ってすぐにキャッシングができます。

大学生がお金を借りる際の条件

同じ学生でも高校生がお金を借りることはできませんが、大学生でしたら一定の条件さえ満たしていれば、今すぐにまとまったお金を借りられます。

大学生がお金を借りる際の条件として「一定収入」「ローンの滞納なし」「クレジットカードの滞納なし」の3つが挙げられ、これら条件を満たしていなければ、申し込みはできても審査で落とされてしまいます。

しかし、逆に考えれば、3つの条件さえ満たしていれば大学生でもお金を借りられるので、急用や急な出費でお金が必要でしたら是非申し込みしてみてください。

ここでは、大学生がお金を借りる際の条件についてもう少し詳しく解説していきます。お金を借りたい大学生の参考になれば幸いです。

一定収入がある

大学生でしたらカードローンでお金を借りることはできますが、そのためにはアルバイトで一定収入がなければいけません。

どれほどの収入があるかではなく、大切なのは「安定収入」です。毎月決められた日に給料が入ってくるアルバイトでしたら、特に問題なく学生でもお金を借りられます。

なお、引っ越しや倉庫作業、イベントスタッフなど登録制のアルバイトは、一定収入として認められない可能性がありますのでご注意ください。

ローンを滞納していない

これまでに利用してきた各種ローンや携帯電話の支払いなどで滞納があると、安定収入があっても審査で断られてしまいます。

「どうせわからないだろう」と申し込み書に滞納の事実を明記していなくとも、信用情報機関のデータベースを確認すれば一目瞭然です。

ローン滞納の事実が記録されているため、その時点で「異動」となり、新規でお金を借りることができなくなります。

この異動情報は最低でも5年間は記録され続けるため、もし何かしらのローンを組む際には、毎月の期日までに必ず支払いを済ませるようにしましょう。

クレジットカードの支払いを滞納していない

最近では学生でもクレジットカードの所持は当たり前となりましたが、もし支払い延滞をしていると、新規でお金を借りることができなくなります。

これもローンの滞納と同じで、クレジットカードの滞納事実は信用情報機関に記録されるため、審査落ちの原因となります。

数日程度の支払い遅延でしたら、そこまで審査に悪影響はありませんが、滞納となると話は別です。完全に異動情報として記録されているため、カードローンの審査通過はほぼできなくなりますのでご注意ください。

学生がお金を借りる際の注意点3選

確かに学生でも、専門学校生や大学生でしたら様々な方法でお金を借りることはできますが、まだまだ若い学生だからこそ、いくつか注意するべきことがあります。

例えば、「あとになって返済困難な状況に陥ってしまわないために返済計画を立てる」「少しでも返済負担を減らすために無利息サービスを利用する」などです。

他にも学生ローンでお金を借りた場合、元金が減らないケースもあるため注意が必要です。とにかく大切なのは「必要最低限の借り入れのみで返済負担を減らすこと」です。

ここでは学生がお金を借りる際の注意点について詳しく解説していきますので、実際にお金を借りる前に必ず一読ください。

学生がお金を借りる場合は入念に返済計画を立てる

学生がカードローンでお金を借りるのは決して悪いことではありませんが、将来のことを考えて、必ず入念に返済計画を立てるようにしてください。

お金を借りていつまでに完済するのか、自分の収入と照らし合わせ、本当に毎月返済できるかどうかを計算しましょう。

もし少しでも返済に不安を感じたら、お金を借りるべきではありません。大切なのは「ご利用は計画的に」です。

各消費者金融の公式サイトに返済シミュレーションのページがありますので、実際にお金を借りる前にチェックしてみてください。

無利息サービスを利用すればできるだけ利息を減らせる

消費者金融のカードローンには無利息サービスがありますので、上手に利用すれば利息の負担を軽減しての借り入れが可能です。

無利息サービスとは、その名の通り無利息でお金を借りられるサービスのことで、多くの消費者金融では契約日の翌日から30日間適用されます。

この30日間以内に完済してしまえば元金だけの返済で済みます。プロミスでは契約日ではなく初回借り入れ日の翌日から30日間ですので、契約してすぐにお金を借りなくても無利息サービスは保留されます。

また、レイクの場合、インターネットからの申し込みで最大200万円まで60日間無利息で借りられます。これら無利息サービスを上手に利用し、できる限り利息の負担をかけないようにお金を借りましょう。

SMBCモビットは無利息期間を設けていませんが、その代わりに利息の返済でTポイントが貯まるので、複数回借り入れする予定のある方や、普段からTポイントを貯めている方であれば、他社より利息を抑えられる可能性が大きいですよ!

学生ローンは元金が減らないこともあるので要注意

学生で収入があれば比較的簡単にお金を借りられる学生ローンですが、毎月の返済額によっては、元金が全く減らない事態を招いてしまう恐れがあります。

例えば東京の学生ローン街とも呼ばれる高田馬場で営業する「カレッヂ」では、毎月利息だけの返済も認めています。

カレッヂで10万円を借りた場合、金利17.0%で毎月の利息は1,397円です。この1,397円を返済すれば、次の返済は翌月となります。

しかし、返済しているのは利息だけで、元金は変わらず10万円のままです。つまり極端な話、何年何十年経っても元本は残ったままで、毎月1,397円を支払い続けることとなります。

確かに返済額が少なくて学生にとっては嬉しいかもしれませんが、少しでも元本を減らすためにも、利息+αで返済しましょう。

高校生や中学生がお金を借りる方法

専門学校生や大学生でしたら学生ローンやカードローンなどでお金を借りられますが、高校生や中学生の場合、残念ながら申し込み自体認められていません。

どうしても高校生や中学生でお金が必要な場合、最も手っ取り早く簡単な方法が親や家族へ相談してみることです。

ただ単に「お金を貸して欲しい」とお願いするのではなく、どうしてお金が必要なのか、借りたお金をどうやって返すのかなどをきちんと伝えてください。

高校生ならアルバイトで入ったお金で返せますし、中学生でしたら家事や買い物の手伝い、毎月のお小遣いの減額、お年玉などで返済する意思を示しましょう。

正当な理由があり、きちんと返すという意思を示すことで、お金を貸してくれる可能性は十分にあります。

また、お金を借りたいのではなくクレジットカードが必要な場合には、バンドルカードの発行がおすすめです。VISA加盟店で使え、また予めチャージした分しか使えないため、使い過ぎて返済困難な状況に陥ってしまう恐れもありません。

ただし、バンドルカードを発行するためには親の同意が必要ですので、まずは親にバンドルカードが必要な旨を相談してみてください。

学生がお金を借りる際にバイト先に在籍確認の電話が来ることはある?

学生がお金を借りる際、必ずバイト先に在籍確認の電話が行われ、どこの消費者金融でも学生ローンでも在籍確認なしでお金を借りることはできません。

正社員でしたら収入証明書類や社員証などの提示で在籍確認の免除が可能になる場合もありますが、学生の場合には必ず行われます。

しかし学生ローンや消費者金融の名前は一切出さず、担当者の個人名で電話がかかってくるため、お金を借りる事実をバイト先に知られることはありません。

もし心配なようでしたら「自動車ローンを組んだので電話がかかってくるかもしれない」などと、事前に伝えておくと良いでしょう。

学生を狙った違法業者には要注意!

インターネットが当たり前のツールとなった現在、SNSや掲示板などで、お金が必要な学生を狙った違法業者がたくさん存在します。

特に注意したいのが個人間融資と呼ばれる、個人を装った違法業者です。「学生でもお金を貸します」「アルバイトをしていれば学生にも融資します」などと個人間融資専用の掲示板に書き込まれています。

貸主の条件に納得すればお金を借りられる可能性はありますが、学生を狙った個人間融資のほとんどは闇金であり、貸金業の許可を得ていない違法業者です。

法外な利息はもちろん、債権者に対しての暴力的な取り立てを行い、最悪は家族や友人にまで迷惑をかけてしまう恐れがあります。

どれだけお金に困っても個人間融資だけは絶対に利用してはいけません。何の解決にもならないばかりか、余計にお金の悩みが大きくなってしまいます。

学生がお金を借りることに関するQ&A

最後に学生がお金を借りることに関するよくある質問と回答をまとめてみましたので、是非参考にしてみてください。

学生が借金を抱えている割合は?

大学生でどのくらいの人が借金で悩みを抱えているのか?同じ大学生として非常に気になることでしょう。

奨学金を含め、借金の悩みを抱えている人は全体の3割ほどで、そのうちクレジットカードやカードローンなどのキャッシングはその中の2割ほどです。

こうして数字を見てみますと「キャッシングの返済で悩んでいる大学生はあまりいないんだなぁ」と思われるかもしれません。

しかし社会人のように安定収入を得ていない状態で、借金の悩みがあること自体に危機感を持たなければいけません。

奨学金は仕方ないにせよ、クレジットカードやカードローンの利用は、アルバイトの収入だけで余裕に返済できる範囲内にしておきましょう。

一度でも借金の悩みを抱えてしまうと、それが長期化し、社会人になっても返済が続くという事態を招いてしまいます。

すぐに借りられる奨学金はありますか?

奨学金としてお金を借りるためには、早くても審査で1~2週間程度かかるため、すぐに借りられる奨学金はありません。

もし奨学金を利用する場合には、早めに申し込みを済ませておきましょう。どうしてもすぐにお金が必要でしたら消費者金融のカードローンがおすすめです。

使い過ぎはよくありませんが、学生でもアルバイトをしていれば申し込みをしたその日のうちにお金を借りられますし、無利息サービスも付いてきます。

無利息サービス期間中に完済してしまえば、奨学金よりも金利の低い0円でお金を借りることができます。

ただし学生が消費者金融で借りられるお金は10万円がほとんどで、20万円や30万円といったまとまったお金の借り入れはほぼできませんのでご注意ください。

大学生で10万円の借金があります。どうやって返済したらいいですか?

大学生にとって10万円は大金ですので、アルバイトをしてもなかなか返済できないケースもあるでしょう。

だからと言って借金を返済するために、新たな借金をするような真似は絶対にダメです。余計に借金の悩みを大きくするだけで、何の解決にもなりません。

もし10万円の借金が返済できないようであれば、親や家族への相談をおすすめします。何に使ったのかきちんと正直に伝えることで、お金を貸してくれるかもしれません。

アルバイトを増やす方法もありますが、学生の本職は勉強であり、アルバイトを増やして勉強がおろそかになってしまったら本末転倒です。

親や家族に相談するのは気が引けるかもしれませんが、将来のためにも一度相談してみてください。

お金を借りる際に学生はバイトをしていないと借り入れできないですか?

消費者金融や銀行カードローンで学生がお金を借りるためには、申込者本人に収入がなければいけません。つまり、学生の場合、アルバイトをしていなければお金を借りることはできません。

これは学生ローンも同じで、一定の収入が必ず必要です。アルバイトをせずに親に保証人になってもらってカードローンへ申し込みすることもできませんのでご注意ください。

アルバイトの勤続日数が短くても、収入見込があればお金を借りられる可能性は十分にあります。もし今現在アルバイトをしていないのでしたら、まずは面接を受けてみてください。

登録性や日雇いのアルバイトですと一定収入として認められない可能性がありますので、シフト制のアルバイトを探しましょう。

学生がお金を借りる際にバレない方法は何がありますか?

SMBCモビットやプロミスなどのカードローンでしたら、学生でも誰にもバレることなくお金を借りることができます。

大手消費者金融への申し込みはインターネットで全て完結しますし、実際にお金を借りる場合には、指定の銀行口座への振り込みにも対応してくれます。

保証人も必要ないため、親の元へ連絡がいくこともありません。ただし返済遅延には十分にご注意ください。

1日や2日程度の返済遅延でしたら問題ありませんが、返済せずに長期間放置していると、アルバイト先や実家へ電話がいく場合があります。

さらに放置すると催促状や督促状が郵便で届き、一目でバレてしまいます。バレるだけでなく、金融事故として信用情報に記録されてしまうため、社会人になってから苦労や不便を強いられます。

お金を借りる場合には、毎月の返済期日をきちんと守り、計画性を持って必要最低限の借り入れにしておきましょう。

学生がお金を借りる方法まとめ

ここまでで、学生がお金を借りる方法として、消費者金融や銀行のカードローン、学生ローンなどについて詳しく解説させていただきました。

同じ学生でも高校生がお金を借りることはできませんが、専門学校生や大学生でしたらカードローンへの申し込みが可能です。

ただし、学生がカードローンを使ってお金を借りる場合には、返済計画をきちんと立て、無理のない範囲内での借り入れにしておきましょう。まずはインターネットを使い、カードローンへ申し込みをしてみてください。

SMBCモビット ※【最短3分で振込キャッシングの表記に関して】 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
アコム ※【申し込み条件に関して】 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方のみ申し込みできます

目次