アルバイトでもお金を借りる方法3選!働き始めでも借りられるカードローンとは?

アルバイトがお金を借りる

アルバイトの最低賃金は徐々に引き上げられています。しかし、最近の物価高騰や円安の影響で生活が苦しい方も多いのではないでしょうか。

特に、アルバイトをしている方は、急な出費や支払いが続いてしまうために生活を犠牲にして働いている方も多いでしょう。

正社員と比較すると、アルバイトがお金を借りる方法はどうしても限られてしまいます。しかし、カードローンであれば、アルバイトやパートなどで収入が低い方でもお金を借りられる場合があります。

そこでこの記事では、アルバイトをしている方向けに、おすすめのカードローンや審査に通る可能性が高い方法を紹介していきます。アルバイトをしている方でお金を借りたい方はぜひ参考にしてください。

目次

アルバイトがお金を借りる方法

お金を借りる先として真っ先に思いつくのが金融機関ですが、残念ながらほとんどの金融機関はアルバイトやパートといった雇用形態の方を貸付対象にしていません。

なぜならば、正社員と比べると収入が低く安定していないため、返済能力がないと判断されることが多いからです。

アルバイトがお金を借りる方法は、以下の3つです。それぞれ解説していきます。

アルバイトがお金を借りる方法|①親・友人からお金を借りる

いちばん手軽にできるのが、身近な人にお金を借りるという方法です。親や友人からお金を借りることができれば、基本的に利息がかかることはないでしょう。

しかし、金銭トラブルに繋がる可能性は高いです。例えば友人からお金を借りて、約束の期日までにお金を返すことができなかった場合、信用を失うことになります。

実際に、一般社団法人日本ファイナンス協会編集部が独自アンケートをした際に聞いた、親・友人からお金を借りて失敗したケースを紹介します。

A.Mさん(10代女性/大学生)

急にお金を用意しなければいけなくなったので、友人にお願いしました。借用書を記入することと引き換えにお金を借りることができたのですが、結局期日までに借りた金額を用意できず、借用書を証拠に訴えられてしまい、面倒なことになりました。

独自アンケート

U.Rさん(20代男性/フリーター)

借金を一括返済しようと思い、親に頼み込んで100万以上の金額を借りました。返そうと思ったのですが、親に返さなくていいと言ってもらったので、甘えて借りたままにしておいたところ、贈与税の対象になっていて、納めなければいけなくなりました。

独自アンケート

K.Tさん(20代男性/専門学生)

当時のバイト代ではどうにもできない、高額な買い物をしたかったのですが、家族にも友人にも断られてしまい、人間関係だけが悪化したので、身の丈以上の買い物をするのは避けるべきだったと反省しています。

独自アンケート

このように、身近な人にお金を借りるというのは、トラブルと隣り合わせです。

法的に有効な借用書を用意しておけば、トラブルを避けられる可能性は高まりますが、返済期日を守れなければ意味がありません。近しい人間からお金を借りるのは避けた方が無難でしょう。

アルバイトがお金を借りる方法|②アルバイト先からの前借り

アルバイトをしていれば、急にお金が必要になった際に給料を前借りできると思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、出産や病気などの緊急時以外は、給料の前借りを断られる場合もあります。単純にお金を使いすぎた時や前借りしたお金を娯楽費に当てたいという場合は、企業側に前払いの義務はないからです。

アルバイト先の店長やオーナーのご厚意で、緊急時以外にお金を前借りできたとしても、仕事仲間からの評判が悪くなったり、良くない噂が流れたりする可能性がないとは限りません。

アルバイト先からの前借りには頼らないほうが良いでしょう。

アルバイトがお金を借りる方法|③カードローンの利用

前述した2つの方法は、基本的に無利子なので魅力的である反面、大切な人たちからの信用を失って関係性が悪化したり、借金をしているという噂が広まったりするリスクがあるので、おすすめできません。

身近な人と金銭トラブルになるのに比べれば、多少お金を支払ってでもカードローンを選択したほうが良いでしょう。

カードローンであれば、わずかな利息で借りられて、万が一返済が遅れたとしても数百円程度のペナルティを課せられるだけです。

カードローンは、アルバイトのような比較的収入が少ない方でも借りることができます。

カードローンに対してマイナスなイメージを持つ方もいると思いますが、過度な取り立てや法外な利息を課せられることはありません。無利子ではないものの、貸金業法で金利上限は定められているので安心してください。

実際に、一般社団法人日本ファイナンス協会編集部の中にはアルバイト時代にカードローンを利用したことのある者も数名いますが、低金利で借り入れできたので、申し込んで損することはないといえます。

アルバイトがお金を借りられるカードローン

カードローンには、「消費者金融カードローン」「銀行カードローン」「ネット銀行カードローン」の3種類があります。それぞれ解説していきます。

アルバイトがお金を借りられるカードローン|①消費者金融

消費者金融は、新規顧客へ融資することに肯定的なところが多く、アルバイトでも審査に通過しやすいです。

借り入れする時に収入証明書が求められない場合や最短1日の勤務でも申し込める場合もあり、収入があれば時給の高さや月収はそれほど重視されません。そのため、アルバイトやパートの方でも申し込みやすいでしょう。

実際に、一般社団法人日本ファイナンス協会が独自アンケートを取ったところ、アルバイトの方でも審査に通っている方がたくさん見られました。今回はその一部を抜粋して紹介します。

J.Hさん(20代男性/アルバイト)

僕は今アルバイトをしています。今年の年収は102万くらいです。アルバイトを始めて1か月半でカードローンから10万円を借りることができました。他社から10万円借り入れもしている状況だったので、そのような借り入れがない方だと、もっと融資される気がします。

独自アンケート

S.Iさん(30代女性/アルバイト)

年収は200万未満ということもあり、審査に通るか不安だったのですが、アルバイト開始から1か月も経たないうちに15万円借りることができました。

独自アンケート

返済能力があると判断されれば、アルバイトの出勤回数が少なかったり勤続年数が短かったりしても審査に通る可能性があります。

消費者金融に怖いイメージを持つ方もいると思いますが、決して悪質ではなく、賃金業法をきちんと守ってサービスを提供しているので安心してください。

ただし、消費者金融の貸付対象は20歳以上で収入を得ている者に限定されていて、未成年の方はアルバイトしていても貸付対象にならないので注意してください。

アルバイトがお金を借りられるカードローン|②銀行

銀行カードローンの貸付条件をみると、「アルバイトでも借り入れ可」という記載があることも多いです。ただし、ほとんどはアルバイトをしていても学生は対象外になっています。

学生とアルバイトを両立している方の一般的な稼ぎでは、銀行カードローンの審査に通過できる可能性は低いでしょう。

かつて、銀行カードローンは個人向けに即日融資をしていましたが、「過剰貸付ではないか」と社会問題になってしまったことがありました。

そのため、現在では申請時の審査において返済能力を厳しく確認されるようになったのです。これにより、アルバイトの学生は申し込むことができなくなりました。

学生ではないアルバイトの方の審査通過の条件は、年収150万円程度で勤続1年以上とされています。そのため、収入次第では審査に落ちてしまう可能性があります。

アルバイトがお金を借りられるカードローン|③ネット銀行

「すぐに借り入れできる消費者金融に魅力を感じるものの、漠然とした不安がある」「銀行カードローンの金利やサービスを利用したいが、審査に通過できなさそう」という方におすすめなのが、ネット銀行のカードローンです。

銀行カードローンレベルの金利やサービスで、消費者金融並みの審査の通過率とスピードを両立しています。

特におすすめのネット銀行が楽天銀行スーパーローンです。アルバイトやパートなどの比較的収入の少ない方でもお金を借りやすいといわれています。さらに、楽天の会員ランクによっては審査に通過しやすくなることがあるようです。

銀行系で借りることにこだわりがあるという方や、審査に通るか不安な方は、是非ネット銀行での借り入れを検討しましょう。

アルバイトを始めてすぐにお金を借りられるおすすめ消費者金融5選

消費者金融にはたくさんの種類があり、どの会社がいいのか迷ってしまう方が多いと思います。

そこで、一般社団法人日本ファイナンス協会編集部のメンバーが申し込んだことのある消費者金融58社から、特におすすめの消費者金融を5つ紹介します。

安心安全&アルバイトを始めてすぐに申し込めるものなので、是非検討してください。

おすすめの消費者金融
  • SMBCモビット
  • プロミス
  • アコム
  • アイフル
  • レイク

それぞれ解説していきます。

アルバイトがお金を借りるなら|①SMBCモビット

SMBCモビット

SMBCモビットは、「20歳~74歳以下の方」「安定した収入がある方(当社基準を満たす方)」の申し込み条件を満たしていれば、アルバイトでも利用できます。

SMBCモビットは、他社のような無利息期間を設けていませんが、その代わりに利息の返済に応じてTポイントが貯まります。

また、在籍確認目的の職場への電話連絡を書類提出に代替できるので、周囲にバレることなく借り入れしたい方におすすめです!

SMBCモビットの基本情報

金利(実質年率)3.0%〜18.0%
限度額800万円
審査時間最短30分
特徴利息の返済に応じてTポイントが貯まる

SMBCモビットはWEB申し込みに対応しているため、日中はアルバイトや学業で忙しい方でも申し込むことが可能です。

普段からTポイントを貯めている方や、誰にもバレずに借り入れしたい方は是非SMBCモビットを利用してみてくださいね。

アルバイトがお金を借りるなら|②プロミス

プロミス

プロミスの特徴は、アルバイトを開始したその日から借り入れができる点です。

初めてキャッシングする方でも申し込みやすいよう、貸付対象のハードルを低くしています。

さらに、申し込みから借り入れまで最短3分と非常にスピーディーです。プロミスの基本情報は以下の通りです。

プロミスの基本情報

金利(実質年率)4.5%〜17.8%
限度額500万円
審査時間最短3分
特徴メールアドレス登録とweb明細利用した方は最大30日間の無利息

契約もシンプルで分かりやすいです。Webで基本情報を入力した後、撮影した身分証明書をメールで送るだけで手続きが完了します。

運転免許証を持っている方であればスマート本人確認という機能を使ってすぐに本人確認ができるので、忙しい方にはおすすめです。

プロミスは業界最大手で信頼も厚いので、今すぐにお金を借りたい人はプロミスで間違いないでしょう。ただし、内定のみの状態で働いていなければ、融資はされないので注意してください。

アルバイトがお金を借りるなら|③アコム

アコム

アコムは、20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方であれば、アルバイトでも申し込みが可能です。

プロミスとアイフルなどと違ってアルバイトを始めて1日では審査に通りませんが、勤続年数が長ければ長いほど、安定した収入があると判断されやすいでしょう。アコムの基本情報は以下の通りです。

アコムの基本情報

金利(実質年率)3.0%〜18.0%
限度額800万円
審査時間最短20分
特徴ご契約の翌日から30日間は金利0円

人気の消費者金融で借りたいのであれば、アコムがおすすめです。アコムでのご契約がはじめてのお客さまなら30日間無利息サービスが利用できるので、返済計画を立てやすいですよ。

アルバイトがお金を借りるなら|④アイフル

アイフル

アイフルも最短即日でお金を借りられるので、短期バイトの方にもおすすめです。

即日でも申し込み可能ですが、1週間以上アルバイトを続けている人は、より審査に通りやすくなります。アイフルの基本情報は以下の通りです。

アイフルの基本情報

金利(実質年率)3.0%〜18.0%
限度額800万円
審査時間最短18分
特徴最大30日間金利0円

アイフルは、土日でも融資を受けられるので、急な出費が必要になったときや支払期日にお金が間に合わない場合に重宝しますよ。

アルバイトがお金を借りるなら|⑤レイク

レイク

レイクは、1ヶ月以上アルバイトを続けている方であれば申し込みが可能です。

また、オリコン顧客満足度ランキングのノンバンクカードローン部門において、1位を獲得した実績があります。レイクの基本情報は以下の通りです。

レイクの基本情報

金利(実質年率)4.5%〜18.0%
限度額500万円
審査時間最短15秒
特徴最大180日間の無利息特典

勤続年数が短い人への融資はされにくいようです。しかし、1回でも給料をもらっていれば返済能力があると認めてもらえるので、申し込んでみてはいかがでしょうか。

日雇いのアルバイトはお金を借りられる?

日雇いのアルバイトの場合は、消費者金融だとしても審査に通過しにくいでしょう。継続して勤務する確証がないので、返済能力があるとみなされにくいからです。

このように、カードローンの審査段階において勤続年数は重要なポイントになってきます。この記事で取り上げた消費者金融5社は条件が比較的緩いですが、頻繁にアルバイト先を変えないことも審査に通る上では大切になってきます。

ただし、日雇いバイトの方でも消費者金融からお金を借りる可能性を高める方法はあります。

例えば、現在の勤務状況について聞かれた際に、継続して働く意思を伝えることで審査に通りやすくなります。また、仕事を継続している証拠となる給料明細などといった書類を提出するのも良いでしょう。

アルバイトはお金をいくらまで借りられる?

アルバイトを始めてすぐに、10万円程度を融資されたという口コミも多いですが、アルバイトはいくらまで融資してもらえるのでしょうか。ここでは、金額別に融資を受ける難易度について解説します。

アルバイトがお金を借りる難易度|①10万円未満の場合

一般的に、10万円以下は少額とみなされるので、働き始めた直後や収入が少ない場合でも借りられる可能性が高いです。

ただし、初回の借り入れで10万円以上を借りて、期日までに返済できなかった場合は信頼度が下がってしまいます。

その結果、多額の借り入れができなくなることもあるので、気をつけてください。働き始めの希望融資額は10万円程度にしておきましょう。

アルバイトがお金を借りる難易度|10万円以上の場合

10万円以上の借り入れを希望する場合、それに伴って返済能力の審査も厳しくなるので、お金を借りることが難しくなります。

返済を続けて信頼度を高め、再審査で限度額を上げてもらうように申請するか、勤務期間を延ばしてから申し込むことをおすすめします。

お金を借りるときに覚えておかなければならないのが、「総量規制」という制度です。総量規制とは、貸金業者が守らなければいけない、貸付額の上限を年収の3分の1までとする法律のことです。アルバイトだけでなく、正社員もそれ以上の借り入れはできません。

例えば、20万円を借りるには見込み年収が60万円以上あることが求められます。つまり、60万円÷12か月=5万円以上の月収があることを証明しなければなりません。

アルバイト先の時給やどのくらいシフトに入れるかなどを考慮して、無理のない程度の融資金額にしておきましょう。

アルバイトがお金を借りるのに必要な収入

先ほど述べたように、借り入れ希望額によって審査に通るために必要な収入が異なります。借り入れ希望額に応じた必要な収入を表にまとめたので、是非参考にしてください。

借入希望額必要な月収
5万円月額1.25万円以上
10万円月額2.5万円以上
20万円月額5万円以上
30万円月額7.5万円以上
40万円月額10万円以上
50万円月額12.5万円以上

どうしても月収が目標に到達しない場合は、総量規制対象外のカードローンを申し込むという方法もあります。

総量規制対象外のカードローンであれば、年収の3分の1を超える金額を借りることができます。

アルバイトがお金を借りる方法まとめ

アルバイトは正社員よりも返済能力が低いとみなされるので、お金を借りるハードルが高いと思われがちです。

しかし、アルバイトでも返済能力があると判断されれば、消費者金融などのカードローンを利用してお金を借りることができます。

審査に通過しやすくするためには、できるだけ勤続年数を長くするなどして継続して働く意思を消費者金融側に伝えたり、借り入れ希望額を少額にしたりするのがおすすめです。消費者金融で審査通過するためのポイントを押さえて、是非申し込んでみてください。

SMBCモビット ※【審査時間最短30分の表記に関して】 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
SMBCモビット ※【最短3分で振込キャッシングの表記に関して】 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
プロミス ※【審査時間最短3分の表記に関して】 お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
プロミス ※【最短3分融資の表記に関して】 お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
アコム ※【最短20分融資の表記に関して】 お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
アコム ※【申し込み条件に関して】 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方のみ申し込みできます。
アイフル ※【最短18分融資の表記に関して】 申込状況によって18分を超える場合があり、お申し込みの時間帯によっては翌日以降になる場合もあります。
アイフル ※【最短18分審査の表記に関して】 お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。

目次