9万円を借りる&9万円を借りたい!即日・審査なしの借り入れ方法まとめ

9万円を借りたい

「今すぐ9万円借りたい」「今日中に9万円を借りる方法を知りたい」と思っている方も多いでしょう。

冠婚葬祭や急な事故、車の故障など、いきなり9万円が必要になる場面は誰にでも起こり得ます。このような万が一の事態に備えて、9万円を借りる方法を知っておくと安心です。

この記事では、9万円を借りる方法や借り入れ時の注意点について詳しく解説していきます。おすすめの消費者金融カードローンも厳選して紹介していくので、是非参考にしてください。

目次

9万円を借りるなら消費者金融カードローン

9万円を借りるなら消費者金融カードローン【即日】

今すぐ9万円が必要であれば、消費者金融カードローンがおすすめです。

消費者金融カードローンは最短3分で審査完了&融資を受けられて、一度審査に通ればいつでもコンビニATMからお金を引き出せます。また、無利息期間を設けている業者なら、金利を最大限抑えることも可能です。

ここでは、9万円借りるときにおすすめの消費者金融を5社に厳選して紹介します。

スクロールできます
カードローン金利(実質年率)審査時間無利息期間
SMBCモビット3.0%~18.0%最短30分
プロミス4.5%〜17.8%最短3分最大30日間
アコム3.0%~18.0%最短20分ご契約の翌日から30日間は金利0円
アイフル3.0%~18.0%最短18分最大30日間
レイク4.5%~18.0%最短25分最短180日間

それぞれの特徴を解説していきます。

SMBCモビット

SMBCモビット
金利(実質年率)3.0%~18.0%
審査期間最短30分
無利息期間なし
借入上限額800万円
担保・連帯保証人不要
SMBCモビットのおすすめポイント
  • 在籍確認を書類提出に変更できる
  • 申し込み後に電話すると優先的に審査を受けられることがある
  • 返済額に対して一定割合のTポイントを貯めることができる

SMBCモビットは三井住友カード株式会社が提供するカードローンブランドで、信頼性&安全性が抜群です。

SMBCモビットのWeb完結申し込みなら、在籍確認目的の職場への電話連絡を書類提出に代替できるので、会社に知られたくない方におすすめです。

また、一度SMBCモビットの審査に通過すれば、その後はスマホアプリで借り入れ~返済まで行える上、利用限度額の範囲内で何度でも自由に使えます。

さらに、利息の返済200円分に対して、Tポイントが1ポイント貯まります。貯まったTポイントを返済に充てることもできるため、ポイントをお得に貯めたい方や普段からTポイントを貯めている方はSMBCモビットがおすすめです!

プロミス

プロミス
金利(実質年率)4.5〜17.8%
審査期間最短3分
無利息期間最大30日間
借入上限額500万円
担保・連帯保証人不要
プロミスのおすすめポイント
  • Web申し込みなら「お借入診断」でお借入可能かどうかが分かる
  • 24時間365日いつでも振込に対応
  • アプリを使えばローンカードが不要

プロミスは業界最大手となっており、安心して利用できる消費者金融です!

お借入診断では、生年月日・税込年収・他社お借入金額の3項目を入力するだけで、借入できる見込みがあるかどうかチェックできるため、審査に自信のない方におすすめです。

また、審査に通った後は借り入れまで最短3分&インターネット振り込みなら最短10秒で完了するので、今すぐ9万円を用意することも可能です。

さらに、プロミスのアプリがあればローンカードが不要で、セブン銀行やローソン銀行からいつでもお金を引き出すことができます。周囲に知られることなく借り入れしたい方は、是非プロミスに申し込んでみてくださいね。

アコム

アコム
金利(実質年率)3.0%~18.0%
審査期間最短20分
無利息期間ご契約の翌日から30日間は金利0円
借入上限額800万円
担保・連帯保証人不要
アコムのおすすめポイント
  • 楽天銀行なら最短10秒振込
  • 3秒で診断チェック可能
  • スマホアプリ「myac」が使いやすいと好評

アコムは「はじめての方にオススメ」「即日ほしい人向け」「手続きがわかりやすい」の3部門で1位を獲得している大手消費者金融です。

実際、アコムは「はじめてのアコム」というように一社目のカードローンに選ばれることが多いようです。

そんなアコムは「3秒スピード診断」を実施していて、年齢・年収・他社借入額を入力するだけで診断チェックを行うことができます。

さらに、アコムのアプリ「myac」で利用状況を簡単に確認できたり、カード不要で借り入れ・返済できたりするので、簡単に管理したい方にもぴったりです!

アイフル

アイフル
金利(実質年率)3.0%~18.0%
審査期間最短18分
無利息期間はじめての方なら最大30日間
借入上限額800万円
担保・連帯保証人不要
アイフルのおすすめポイント
  • 最短18分で9万円借りられる
  • WEB完結&郵送物が一切ない
  • 最大30日間金利0円!

アイフルは原則24時間365日、土日祝日も申し込みに対応している&最短18分で融資が完了する消費者金融です。そのため、今すぐ9万円借りたい方におすすめです。

アイフルは、申し込み~融資までの流れが分かりやすく、WEB完結&郵送物が一切ないため、誰にも知られずに借りられます。

また、アイフルなら自宅近くのセブン銀行ATMやローソン銀行ATMでスマホアプリ上で取引したり、銀行口座への振り込み融資してもらったりできるので、初めての方でもスムーズに利用できますよ!

初めてアイフルを利用する方は、最大30日間の無利息期間が適用されます。30日以内に利息を含めて完済すれば、実質金利0円で9万円借りられるので、無駄に利息を払いたくない方は是非アイフルに申し込んでみてくださいね!

レイク

レイク
金利(実質年率)4.5~18.0%
審査期間Webで最短15秒
無利息期間最大180日間
借入上限額500万円
担保・連帯保証人不要
レイクのおすすめポイント
  • 最大180日間無利息サービスを受けられる
  • 最短15秒で審査結果が分かる
  • キャッシングカードなしで利用可能

レイクは、大手消費者の中でも無利息サービス期間が最長の消費者金融です。

初めてレイクに申し込んだ方は最大60日間の無利息期間が適用されますが、初めての利用&Web申し込みの場合は最大180日間に延長されます。

利息はなるべく抑えられた方が良いので、返済の目途が立っていない方はレイクの無利息サービスを利用しましょう。

また、レイクはスマホ1台で申し込みが完結し、キャッシングカードが自宅に届くこともないので、周囲に知られることなくスムーズに手続きできますよ!

消費者金融で9万円を借りるメリット

消費者金融で9万円を借りるメリット

ここまで、おすすめの大手消費者金融5社について見てきましたが、「消費者金融を使うことに抵抗感がある」という方もいるでしょう。

そこでここでは、消費者金融に対する不安がなくなるよう、消費者金融の魅力や利用するメリットについて紹介していきます。

消費者金融は正しく使えば便利なサービス

消費者金融に対して、「ちょっと怖い」「抵抗感がある」と感じる方もいますよね。しかし、消費者金融は「貸金業法」に基づいて運営しているため、安心安全に利用できます。

また、大手消費者金融はメガバンクのグループ会社であることも多く、人気タレントをCMで起用していることからも信頼性が高いと言えるでしょう。

さらに、安定した収入源を確保している方であれば、年収が低くても借り入れできる点も大きなメリットです。

消費者金融を利用するメリット

消費者金融のメリット
  • 最短即日融資に対応している
  • 申し込みや借り入れをWeb完結できる
  • 無利息期間の活用で利息を抑えられる

それぞれ解説していきます。

最短即日融資に対応している

大手消費者金融は最短即日に対応しているところも多く、最短3分融資が可能な業者もあります。

即日融資に対応している業者へ午前中のうちに申し込むことで、その日のうちに9万円を手元に用意することも可能ですよ!

申し込みや借り入れをWeb完結できる

「消費者金融から借り入れしていることを周囲に知られたくない」と思っている方もいるでしょう。

大手消費者金融ならWeb完結申し込みが可能で、職場への在籍確認電話を書類提出に代替したり、自宅への郵送物をなしにしたりすることも可能です。

これらをフル活用すれば、職場の同僚・上司や家族に知られることなく9万円を用意できるので、秘密でお金を借りたい方におすすめです。

無利息期間の活用で利息を抑えられる

大手消費者金融の多くが導入している「無利息期間サービス」とは、初めて契約する方を対象に、一定期間の金利をゼロにするサービスです。

例えば、最大30日間無利息が適用された時に、利息も含めて30日以内に完済すれば、利息を1円も支払うことなく借り入れできます。

「消費者金融=金利が高い」というイメージを持っている方もいるかもしれませんが、無利息サービスを活用することで、銀行カードローン以上に利息を抑えて借り入れすることも可能です。

なお、SMBCモビットは無利息期間を設けていませんが、利息の返済に応じてTポイントが貯まります!Tポイントを普段から貯めている方であれば、他社の無利息期間以上に恩恵を受けられる可能性があるので、是非申し込んでみてくださいね。

9万円借りたい時はスマホアプリ掲載ローンも気軽でおすすめ

9万円借りたい時はスマホアプリ掲載ローンも気軽でおすすめ

スマホ一つで気軽に9万円を借りたいのであれば、スマホアプリ掲載ローンがおすすめです。

例えば、普段使っているLINEやメルカリを使って、オンライン上で簡単に9万円を調達できます。ここでは、おすすめのスマホアプリ掲載ローンを3つに厳選して紹介します。

  • dスマホローン
  • LINEポケットマネー
  • メルペイスマートマネー

それぞれ確認していきましょう。

dスマホローン

dスマホローン

dスマホローンは、株式会社NTTドコモが提供しているローンで、申し込み~契約までスマホ一台で完結できます。

dカードローンの審査は最短即日で完了するため、「急いで9万円借りたい」「郵送手続きは面倒」という方にもおすすめです。簡単1秒診断を利用することで、一瞬で借り入れ可能性をチェックすることもできますよ。

また、ドコモユーザー限定で、最大年率3.0%も金利優遇を受けられます。優遇後の金利は0.9%~17.9%と消費者金融カードローンよりも金利を下げられます。

LINEポケットマネー

LINEポケットマネー

LINEポケットマネーは、LINE上でお金を借りられるローンサービスです。

24時間365日いつでもどこでも借り入れ可能で、申し込み・審査・借り入れを「LINE」だけで完結できます。また、LINE Pay残高へのチャージ、指定の銀行口座への入金から借り入れ方法を自由に選べます。

LINEポケットマネーで借りたお金は100円から好きなタイミングで返済できるので、現時点で返済計画を立てられない方や、お金に余裕のある時にまとめて返済したい方におすすめです。

そんなLINEポケットマネーを初めて利用する方は、新規契約日から30日間に発生した金利をLINE Pay残高でキャッシュバックしてもらえます!スマホアプリで無利息期間があるのは珍しいので、是非活用してくださいね。

メルペイスマートマネー

メルペイスマートマネー

メルペイスマートマネーは、フリマアプリ「メルカリ」でお金を借りられるサービスです。

メルペイスマートマネーの審査では、メルカリの利用実績も加味されるため、消費者金融カードローンの審査に落ちてしまった方でも審査に通る可能性があります。また、ヘビーユーザーは低金利での借り入れも可能です。

そんなメルペイスマートマネーの借り入れ上限額は20万円と低めに設定されており、必要以上の金額を借りることを避けられます。返済額は1,000円単位で設定可能なので、返済負担が少ないのも嬉しいですよね。

メルカリを頻繁に使う方は、是非メルペイスマートマネーで9万円借りることを検討してみてください。

ここで紹介したスマホアプリ掲載ローンは非常に便利ですが、dアカウントやLINE Pay、メルペイの登録が必須なことを考えると、SMBCモビットなどで申し込む方が手間がかからないでしょう。

SMBCモビットの金利は年3.0%~18.0%と、9万円借りる際の利息はスマホ掲載アプリローンとそれほど変わらないため、まずはSMBCモビットに申し込んでみることをおすすめします。

9万円を借りる方法【審査なし】

9万円を借りる方法【審査なし】

続いて、審査なしで9万円を借りる方法を探している方のために、審査不要で最短即日中に9万円を借りる方法を紹介します。

  • クレジットカードのキャッシング枠
  • 生命保険の契約者貸付制度
  • 質屋でお金を借りる
  • 家族や友人に頼む

それぞれ確認していきます。

クレジットカードのキャッシング枠

1つ目は「クレジットカードのキャッシング枠」です。

現在使っているクレジットカードにキャッシング枠が付帯されている場合、最寄りのコンビニや金融機関のATMからすぐに現金を引き出せます。

さらに、24時間利用できるネットキャッシングサービスがあるカードであれば、指定口座に振り込んでもらうことも可能です。

ただし、クレジットカードにキャッシング枠が付帯されていない場合、別途審査が必要になります。即日9万円を借りるのは難しくなります。急いでいるのであれば、別の借り入れ方法を検討しましょう。

生命保険の契約者貸付制度

2つ目は「生命保険の契約者貸付制度」です。

生命保険の契約者貸付制度とは、積み立て式の生命保険に加入している方が利用できる借り入れ方法です。

担保となる解約払戻金の7~8割程度を自由に借り入れできるため、解約払戻金が13万円以上ある方であれば、審査を受けずに9万円が手に入ります。

また、契約者貸付制度は融資スピードが速いことも特徴で、即日中にお金を貸してくれる保険会社も存在します。

しかし、契約者貸付制度を利用できるのは契約者本人のみで、配偶者や親の生命保険を利用することはできないので注意してください。

質屋でお金を借りる

3つ目は「質屋でお金を借りる」です。

クレジットカードにキャッシング枠が付帯されておらず、生命保険にも加入していないでも、質入れなら9万円を借り入れできます。

質屋では、価値のある品物を担保として預けることで、その価値に応じた金額を借り入れできます。基本的に、15万円以上の価値があると認められるものであれば、9万円を借りられるでしょう。

ただ、質屋は「質屋営業法」に基づいて運営しているため、消費者金融カードローンよりも金利が高く設定されています。質屋の最高年利は109.5%となっているので、高額な利息になるのが不安な方は避けた方が良いでしょう。

質入れするしかない場合は、無駄に利息を支払うことにならないよう、早めの返済を心がけてください。

家族や友人に頼む

4つ目は「家族や友人に頼む」です。

消費者金融カードローンの審査に通らずに困っている方は、家族や友人に9万円貸してもらえないかお願いしてみましょう。

「お金を貸してほしい」と頼むのは勇気のいることですが、了承してくれた場合は無利息で借り入れできる可能性があります。

ただし、金銭トラブルに発展してしまうと、人間関係そのものが壊れてしまうため、必ず法的に有効な借用書を準備するようにしてください。借用書の記入項目は以下の通りです。

借用書の記入項目
  • 契約日時
  • お金を借りる側の名前、住所、印鑑
  • お金を貸す側の名前、住所、印鑑
  • 借り入れ金額
  • 借り入れ日時
  • 返済方法、返済期日

公的融資制度で国や市から9万円を借りる方法もある

公的融資制度で国や市から9万円を借りる方法もある

9万円がどうしても手に入らず、生活に支障が出ている方は、国や自治体、公的機関が提供している公的融資制度を利用できます。

  • 生活福祉資金貸付制度
  • 臨時特例つなぎ資金貸付制度
  • 生活サポート基金
  • 求職者支援資金融資
  • 教育一般貸付(国の教育ローン)
  • 母子父子寡婦福祉資金貸付金制度

制度によって対象者が異なるので、それぞれ確認していきましょう。

生活福祉資金貸付制度

1つ目は「生活福祉資金貸付制度」です。

生活福祉資金貸付制度の中の総合支援資金は、毎月の収入が安定するまで生活支援を受けられるので、無職の方も申し込みの対象になります。

1か月間だけお金を借りたり、1回だけ9万円をまとめて借りたりすることもできるため、収入が不安定で生活に困っている方におすすめです。

ただし、生活福祉資金貸付制度に申し込んでから実際に融資を受けるまでには、1ヶ月程度かかると言われています。総合支援資金が振り込まれるまで生活するお金がない場合は、つなぎとなる借り入れ方法を確保しておきましょう。

臨時特例つなぎ資金貸付制度

2つ目は「臨時特例つなぎ資金貸付制度」です。

臨時特例つなぎ資金貸付制度は、公的融資制度に申し込んで受理された方が、実際に融資を受けるまでの間に限り、保証人不要&無利子で借り入れできる制度です。

臨時特例つなぎ資金貸付制度の対象者は、次の条件を満たす方です。

臨時特例つなぎ資金貸付制度の対象者

住居のない離職者であって、次のいずれの条件にも該当する方

  • 離職者を支援する公的給付制度(失業等給付、住宅手当等)又は公的貸付制度(就職安定資金融資等)の申請を受理されており、かつ当該給付等の開始までの生活に困窮していること
  • 貸付けを受けようとする方の名義の金融機関の口座を有していること

借り入れ上限額は10万円で、自分名義の銀行口座があれば、最短3日後に9万円を振り込んでもらえます。

先ほど紹介した生活福祉資金貸付制度を受け取るまでの「つなぎ」としても有効なので、是非一緒に検討してみてくださいね。

生活サポート基金

3つ目は「生活サポート基金」です。

生活サポート基金は、国や地域の支援制度ではなく、一般社団法人の貸付事業です。

生活再生を手助けすることを目的にしており、以下に当てはまる方なら申し込み可能です。

生活サポート基金の対象者
  • 借金の返済に苦しんでいる
  • 家賃や税金、学費、公共料金を滞納している
  • 減給して生活が苦しくなった
  • 既に複数社から借り入れをしていて、追加融資を受けられない

例えば、消費者金融カードローンに申し込めない金融ブラックの方や専業主婦、無職の方でも、生活サポート基金なら借り入れできる可能性があります。

「9万円借りる方法が見つからない」という方は、一度サポート基金へ相談してみてはいかがでしょうか?

求職者支援資金融資

4つ目は「求職者支援資金融資」です。

求職者支援資金融資とは、職業訓練受講給付金をもらっている人が、訓練受講中の生活費を追加で支援してもらえる制度です。

職業訓練受講給付金の支給が決定しており、ハローワークで求職者資金融資要件確認書の交付を受けた人のみが利用でき、職業訓練を受講している間(最大12か月)に月額5万円または10万円の融資を受けられます。

ハローワークを介す必要がある分の手間はかかるものの、年利3.0%と超低金利で貸し付けてもらえるため、職業訓練を受けている方は是非検討してみてください。

教育一般貸付(国の教育ローン)

5つ目は「教育一般貸付(国の教育ローン)」です。

教育一般貸付は、日本政策金融公庫が提供している国の教育ローンで、世帯収入が一定ラインを下回っている家庭が利用できます。

融資されたお金は、入学金や授業料はもちろん、学校までの定期代やパソコン購入費に充てることも可能です。

進学する子供1人あたり350万円まで借り入れ可能で、金利は年1.80%で固定、最長18年間の返済と返済負担も軽めなので、子供の教育費が足りずに悩んでいる方は申し込んでみてください。

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度

6つ目は「母子父子寡婦福祉資金貸付金制度」です。

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度は、20歳未満の子供を扶養している母子家庭・父子家庭が利用できる借り入れ方法です。

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度の中には、就業のための技能取得資金、就職支度資金、生活資金、就学資金などがあり、適用される融資制度によって貸付限度額や返済期間は異なります。

居住地の福祉担当窓口か都道府県の社会福祉事務所で申し込み可能なので、子供を養うお金が足りない方は一度相談に行ってみてください。

9万円を借りる時に注意すべきポイント

9万円を借りる時に注意すべきポイント

今すぐ9万円必要な方の中には焦っている方もいると思いますが、焦りが金融トラブルにつながる恐れもあります。

そこでここでは、9万円を借りる時に注意すべきポイントを解説していきます。

  • 借り入れ金額は年収の3分の1まで
  • 専業主婦は配偶者貸付制度を利用する
  • 無収入の無職は借り入れできない
  • 違法な融資は絶対に避ける
  • 勤務先に在籍確認の連絡が届く可能性がある

それぞれ確認していきます。

借り入れ金額は年収の3分の1まで

1つ目は「借り入れ金額は年収の3分の1まで」です。

消費者金融は貸金業法に基づいて運営しているので、総量規制が適用され、年収の3分の1を超える金額を借り入れできません。

つまり、年収が27万円に満たない方が9万円の借り入れを希望しても、審査に落ちる可能性が高くなります。

消費者金融カードローンの審査に通過する可能性を少しでも上げたいのであれば、借り入れ額を年収の3分の1以下に設定するようにしましょう。

専業主婦は配偶者貸付制度を利用する

2つ目は「専業主婦は配偶者貸付制度を利用する」です。

基本的に、無収入の専業主婦は借り入れサービスに申し込めませんが、配偶者貸付制度のある業者を利用すれば、9万円を借りられる可能性があります。

配偶者の同意を得ることで、配偶者の年収の3分の1までの金額を「自分名義」で借り入れできるため、どうしても9万円が必要な専業主婦の方は是非検討してみてください。

無収入の無職は借り入れできない

3つ目は「無収入の無職は借り入れできない」です。

貸金業法によって、個人の借り入れ総額は年収の3分の1までに制限されているため、収入がない場合はそもそもカードローン審査を通過できません。

ただし、正社員としての収入ではなくても、アルバイトや副業で年収27万円を達成すれば、借り入れできる可能性はあります。

まずは興味のあるアルバイトなどに申し込んでみて、ある程度のお金を確保してからカードローンの審査にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

違法な融資は絶対に避ける

4つ目は「違法な融資は絶対に避ける」です。

SNSやネットの掲示板で、「ブラックOK」「誰でもすぐに借りられます」などの甘い言葉で借り入れを勧誘している書き込みを見た方もいるでしょう。

しかし、貸金業者を介さずに個人間で融資するのは違法で、以下のようなリスクがあります。

違法融資のリスク
  • 個人を装った闇金で、法外な高利息を請求される
  • 個人情報が悪用される
  • 犯罪被害・金融トラブルに発展する

どうしても9万円が必要な場面は誰でもあると思いますが、絶対に個人間融資や闇金は利用しないようにしてください。

勤務先に在籍確認の連絡が届く可能性がある

5つ目は「勤務先に在籍確認の連絡が届く可能性がある」です。

カードローンに申し込むと、審査の一環で職場に在籍確認目的の電話がかかってきます。

在籍確認の電話で、消費者金融が会社名を名乗ることはなく、「〇〇(申し込み者名)さんはいらっしゃいますか」と聞かれるだけなので、それだけで怪しまれる可能性は低いでしょう。

しかし、周囲に絶対知られたくないのであれば、電話連絡の代わりに書類の提出に変更してもらうことも可能です。

申し込み後に、消費者金融のカスタマーセンターへ「在籍確認を書類提出に変更したい」と伝えて、会社に在籍していることを証明できる書類を提出するだけなので、是非試してみてください。

9万円を借りたい&お金を借りたい人からのよくある質問

9万円を借りたい&お金を借りたい人からのよくある質問
どうしても10万円必要&今すぐ10万必要ですが、借りれないです。10万借りたい延滞中の人が、9万円だけでも借りる方法はありますか?

カードローンの審査に落ちてしまったり、国や市の公的融資制度を利用できなかったりした場合は、借りる以外の方法で9万円調達しましょう。

例えば、普段の買い物で貯めたポイントの現金化、不用品の売却などで9万円を作り出せます。

さらに、日雇いバイトやクラウドソーシングを活用すれば、最短即日~1週間程度で9万円を用意することも可能ですよ。

借金が10万でやばいです。10万借りる審査なし&ブラックでも10万借りたい時におすすめの方法はありますか?

カードローンの借り入れ分やクレジットカードの利用料金を延滞している場合、金融機関で10万円借りることは難しいでしょう。

しかし、公的融資制度であれば、延滞中でも借り入れできる可能性があります。審査に通ったとしても融資を受けるまでに時間がかかるため、なるべく早めに申し込んでみてくださいね。

10万借りる審査なしの方法を探している無職です。おすすめの少額融資アプリはありますか?

残念ながら、審査なしで利用できるローンサービスは存在しません。

しかし、この記事で紹介した「LINEポケットマネー」「メルペイスマートマネー」などは、サービスの利用状況に応じて審査を優遇してくれることもあるので、消費者金融の審査に落ちてしまった方でも借り入れできる可能性がありますよ。

ただ、LINE Payやメルペイの設定が必須なため、面倒に感じる方は、まずはSMBCモビットなどに申し込んでみて、審査に通らなかった場合にこのような借り入れ方法を検討してみても良いでしょう。

9万円を借りたいです。総量規制対象外のカードローンはありますか?

銀行カードローンは総量規制対象外となりますが、最低借入額が10万円~なので、9万円必要な時には利用できません。

9万円を借りる方法にはどのようなものがありますか?

9万円を借りる方法には、消費者金融カードローン、スマホアプリ掲載ローン、クレジットカードのキャッシング枠、生命保険の契約者貸付制度などがあります。

この中で一番おすすめの借り入れ方法は、消費者金融カードローンです。他の借り入れ方法と比べて多くの方が申し込み対象になる上に、即日9万円を用意することも可能です。特にSMBCモビットなら、安全性も信頼性も高い上に、最短30分融資を受けられるため、今すぐお金を借りたい方にぴったりです。

9万円を借りたい【まとめ】

9万円を借りる方法について解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

この記事の要約
  • 即日9万円借りたいなら最短3分融資に対応しているカードローン
  • 無利息期間を使えば金利0円で借り入れできる
  • 担保がある借り入れ方法なら審査&保証人不要

今すぐ9万円を借りたいのであれば、大手消費者金融がおすすめです。少額融資にも積極的で、Web完結申し込みに対応しているので、初めてお金を借りる方でもハードルを感じることなく申し込めるでしょう。

その中でも「SMBCモビット」は最短30分融資に対応&利息の返済に応じてTポイントが貯まるので、利息を抑えて9万円借りたいのであれば是非申し込んでみてくださいね。

SMBCモビット ※【審査時間最短30分の表記に関して】 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
SMBCモビット ※【最短3分で振込キャッシングの表記に関して】 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
プロミス ※【お借入診断の表記に関して】 お借入診断結果を確認後、本審査が必要となり、新規契約のご融資上限は本審査により決定となります。

プロミス ※【審査時間最短3分の表記に関して】 お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
プロミス ※【最短3分融資の表記に関して】 お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
アコム ※【最短20分融資の表記に関して】 お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
アイフル ※【最短18分融資の表記に関して】 申込状況によって18分を超える場合があり、お申し込みの時間帯によっては翌日以降になる場合もあります。
アイフル ※【最短18分審査の表記に関して】 お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。

目次