6万円を借りたい時の借りる方法8選!今すぐ6万円を借りたい最短ルート

6万円を借りたい

6万円は様々な方法で借り入れが可能ですが、その中でも特におすすめなのが大手消費者金融カードローンです。

大手消費者金融カードローンは融資スピードが早く、最短3分の融資に対応している業者もあります。しかし、消費者金融の利用に抵抗感がある方はもちろん、どの消費者金融を選べば良いのか分からない方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、消費者金融以外の借り入れ方法も紹介した上で、消費者金融を利用するメリットを詳しく解説していきます。6万円借りるのにおすすめの消費者金融や、審査に通りやすくなるコツも紹介するので、是非参考にしてください。

目次

6万円を借りる方法8選

6万円借りる方法は大きく以下の8つに分けられます。

  • 消費者金融カードローン
  • 銀行カードローン
  • クレジットカードのキャッシング枠
  • 配偶者貸付制度(専業主婦)
  • 親に頼む
  • 生命保険の契約者貸付制度
  • 質入れ
  • 公的融資制度

それぞれ特徴が異なるので、確認していきましょう。

消費者金融カードローン

1つ目は「消費者金融カードローン」です。

「消費者金融カードローンは高金利なのでは」と思っている方もいるかもしれませんが、現在、消費者金融の最大金利は20%が上限となっているため、高額な利子を請求される可能性は極めて低いです。

例えば、大手消費者金融のプロミスの最高金利は17.8%となっていて、6万円借りた時に発生する利息は1ヶ月あたり900円程度です。

また、大手消費者金融のほとんどは無利息期間サービスを実施しており、無利息期間中に利息も含めて完済すれば、実質利息0円で借り入れできますよ。

銀行カードローン

2つ目は「銀行カードローン」です。

10万円以下であれば、銀行カードローンでも気軽に借り入れできます。

銀行カードローンは、消費者金融カードローンよりも低金利で融資を受けられるというメリットがありますが、融資までに時間がかかったり、無利息期間がなかったりするため、今すぐお得に6万円を借りたい方には不向きです。

クレジットカードのキャッシング枠

3つ目は「クレジットカードのキャッシング枠」です。

クレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」がありますが、キャッシング枠が付帯されていれば、限度額内の金額を自由に借りられます。

ただし、クレジットカード契約時にキャッシング枠を申し込んでいなかった場合、別途審査が必要になるため、即日融資は受けられません。

自分が持っているクレジットカードにキャッシング枠が付帯されているかを確認して、未付帯の場合は別の借り入れ方法を検討しましょう。

配偶者貸付制度(専業主婦)

4つ目は「配偶者貸付制度」です。

専業主婦は本人の年収が0円と見なされるため、借り入れ方法が限られてしまいますが、配偶者貸付制度のある貸金業者であれば6万円を借りることができます。

配偶者貸付では配偶者の年収の3分の1までを借り入れできるので、6万円なら簡単に審査を通過できるでしょう。

ただし、配偶者貸付制度を利用した借り入れ手続きは複雑で、時間がかかってしまうことから、大手消費者金融は取り扱っていません。中小消費者金融や信販会社などから借り入れ先を選ぶ必要があることを覚えておいてください。

親に頼む

5つ目は「親に頼む」です。

学生でどうしても6万円が必要な方は、親に6万円貸してもらえないかを頼むことをおすすめします。

もし、親から貸してもらえることになった時は、必ず法的に有効な借用書を準備してください。親子間での借り入れでも、返済金額や返済日で金銭トラブルに発展する可能性は十分あるからです。

借用書の記入項目
  • 契約日時
  • お金を借りる側の名前、住所、印鑑
  • お金を貸す側の名前、住所、印鑑
  • 借り入れ金額
  • 借り入れ日時
  • 返済方法、返済期日

上記の6つを押さえていれば、手書きでも借用書としての効果を発揮するので、忘れずに作成してくださいね。

生命保険の契約者貸付制度

6つ目は「生命保険の契約者貸付制度」です。

積立式の生命保険に加入している方であれば、契約者貸付を使って即日中に6万円を借りられます。

生命保険の契約者貸付制度とは、生命保険の積立金の9割分までの金額を借りられる制度です。数年以上契約している方であれば、6万円を借りられる可能性が高いでしょう。

生命保険を解約せずに借り入れできますが、掛け捨て式の生命保険は対象外なので注意してください。

質入れ

7つ目は「質入れ」です。

ブランド物の財布や貴金属アクセサリーなど、高価なものを持っている方はそれらを担保に質屋からお金を借りられます。また、デジタル家電や楽器なども質入れの対象になります。

ただし、約束期日までに借りたお金を返済できなければ、担保として預けた品物を売られてしまいます。借り入れ利息も高めに設定されているので、他の借り入れ方法を試してみてから検討しても良いでしょう。

公的融資制度

8つ目は「公的融資制度」です。

お金が足りず、生活に困窮している方は公的融資制度の利用を考えましょう。公的融資制度には、以下のような制度があります。

スクロールできます
制度名実質年率対象者
生活福祉資金貸付制度0~1.5%低所得者、高齢者、障害者
母子父子寡婦福祉資金貸付制度0~1.5%母子、父子、寡婦かつ低所得である
緊急小口資金貸付制度無利子低所得者かつ緊急でお金が必要な人

公的融資制度は誰でも利用できるものではなく、申し込みから借り入れまでに時間がかかってしまいますが、無利子または低金利で融資を受けられます。本当に困っている方は、これらの融資制度に申し込んでみてください。

6万円を借りたい時は消費者金融カードローンがおすすめ!

6万円借りる方法をいくつか紹介してきましたが、その中でも消費者金融カードローンが一番おすすめです。

消費者金融カードローンは少額融資にも積極的で、「融資スピードが最短3分」「無利息期間サービスがある」などのメリットがあります。

ここでは、消費者金融カードローンの特徴を紹介していくので、是非参考にしてください。

消費者金融カードローンは最短3分融資に対応

消費者金融の審査はAIや機械が行っているため、他の借り入れ方法よりも融資がスピーディーです。

例えば、大手消費者金融のプロミスは申し込み~借り入れまで最短3分と業界最速クラスです。今日中に6万円が必要になっても、午前中に申し込めば午後には手元に用意できる可能性が高いでしょう。

一方、銀行カードローンの審査では、申し込み者が反社会的勢力と関係していないかを見極める必要があるので、審査が終わるまでに最低でも1日以上かかります。

即日融資を希望している方は、消費者金融カードローンを利用して最速で借り入れしてくださいね。

最速で6万円を借りるならネット申し込みがおすすめ

消費者金融からお金を借りる時、店頭や無人契約機で申し込む方法もありますが、便利&最速で借り入れできるネット申し込みの方がおすすめです。

インターネット申し込みであれば、わざわざ店頭・無人契約機まで足を運ぶ必要がなく、いつでもどこでも申し込みができます。審査スピードは無人契約機と同様なので、最速で借りたい方でも問題ありません。

また、「キャッシングカードの受け取りに時間がかかるのでは」と思っている方もいると思いますが、大手消費者金融ならカードレスタイプを選んで、振込・スマホアプリでお金を手にすることも可能です。

例えば、アイフルのスマホアプリを使えば、24時間365日いつでも取引可能で、審査に通れば千円単位で借り入れ額を調整できます。さらに、在籍確認目的の電話・自宅への郵送物なしなので、周囲にバレたくない方にもピッタリです。

消費者金融には無利息期間サービスがある

大手消費者金融の中には無利息期間サービスを提供しているところも多く、1ヶ月以内に完済できる方であれば、利息0円で6万円を借りられます。例えば、以下の3社は無利息期間サービスを提供しています。

会社名無利息期間
プロミス初回借り入れ日から30日間
アコムご契約の翌日から30日間は金利0円
アイフル契約日から30日間

無利息期間サービスを使うためには、それぞれの消費者金融で設定されている条件を満たす必要がありますが、プロミスなら「プロミスを初めて利用する」「無担保キャッシングローンを利用する」の2つなので、非常に簡単です。

無利息期間サービスを利用できるのは初回借り入れ時だけなので、再契約しても無利息サービスを再度適用することはできません。無利息で借り入れしたいなら、初めて契約する消費者金融で借り入れしましょう。

SMBCモビットは無利息期間を設けていませんが、その代わりに利息の返済でTポイントが貯まるので、複数回借り入れする予定のある方や、普段からTポイントを貯めている方であれば、他社より利息を抑えられる可能性が大きいですよ!

消費者金融は土日でも借り入れできる

大手消費者金融は土日でも営業しているので、平日は仕事や学業で忙しく、申し込みできない方にもおすすめです。

土日申し込みだからといって、審査時間が特別長くなることはありませんが、在籍確認をする会社や振込先口座の金融機関が土日に営業していなければ、融資までに時間がかかるかもしれません。

とはいえ、在籍確認の方法を電話連絡から書類提出に変更してもらったり、土日も営業している金融機関の口座を指定したりするなど、工夫はいくらでもできるので安心してください。

6万円借りたい時におすすめの消費者金融【TOP3】

ここでは、6万円借りたい時におすすめの消費者金融を3社紹介していきます。

SMBCモビット

SMBCモビット
融資までの時間最短30分
金利(実質年率)3.0%~18.0%
必要書類身分が証明できるもの(運転免許証など)
無利息期間
収入証明
電話での在籍確認あり(Web完結申し込みなら電話連絡なし)
郵送物なし

SMBCモビットは、三井住友カードが提供するカードローンブランドで、信頼性&安全性が抜群です。

融資スピードが最短30分とスピーディーで、Web申し込みならスマホだけで手続きが完了します。さらに、在籍確認目的の職場への電話連絡を書類提出に代替できます!

また、SMBCモビットが提供しているWebセルフマネジメントシステム「Myモビ」なら最短3分で口座振込をしてくれるのも魅力的です。

SMBCモビットなら利息の返済でTポイントが貯まるので、普段からTポイントを貯めている方や周囲にバレずに借り入れしたい方は是非申し込んでみてくださいね!

プロミス

プロミス
融資までの時間最短3分
金利(実質年率)4.5%~17.8%
必要書類身分が証明できるもの(運転免許証など)
無利息期間初回ご利用から30日間が無利息期間
収入証明限度額の希望が50万円以下なら原則不要
電話での在籍確認原則電話による在籍確認なし
郵送物なし

プロミスは業界最大手で安心安全の消費者金融です!

プロミスの30日間無利息サービスは他社と違って初回借り入れ日からカウントされるので、「今は必要ないけれど、お金に困った時に備えたい」という方でも気軽に申し込むことができます。

また、最大金利も17.8%と他社より低めに設定されているため、とにかく利息を抑えたい方や返済の目途が立っていない方にもおすすめです。

さらに、レディースキャッシングにも対応しており、同性のオペレーターに気軽に相談したい女性の方でも気軽に利用することができますよ!

アコム

アコム
融資までの時間最短20分
金利(実質年率)3.0%~18.0%
必要書類以下の書類のいずれかが本人確認書類に該当します。
運転免許証、マイナンバーカード、パスポート、(交付を受けていない方は)健康保険証

以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要です。
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
無利息期間ご契約の翌日から30日間は金利0円
収入証明お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要
電話での在籍確認原則、電話による在籍確認なし
郵送物原則なし

「初めてのアコム」というキャッチフレーズで有名なアコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループが運営しているカードローンです。

アコムでのご契約がはじめてのお客さまなら30日間無利息サービスが適用され、お得に借り入れできます。6万円程度であれば審査もスムーズに行われる可能性が高いでしょう。

また、アコムのアプリ「myac」で利用状況を簡単に確認できたり、カード不要で借り入れ・返済できたりする点も魅力的です。

アコムの3秒診断なら、年齢・年収・他社借り入れ額を入力するだけで診断チェックが可能なので、是非活用してみてくださいね!

大手消費者金融の申し込み~借り入れ手順

大手消費者金融から即日融資を受けるためには、スムーズに手続きをしなければいけません。

ここでは、押さえておくべきポイントを「申し込み方法」「借り入れ方法」「必要書類」に分けて解説していきます!

申し込み方法

即日融資の可能性を上げたいのであれば、以下のことを実践してください。

申し込み時にすること
  • オペレーターに急ぎだと伝える
  • カード発行が必要か確認する

申し込み後にオペレーターに急いでいる旨を伝えることで、審査を優先的に行ってくれる場合があります。

また、借り入れするためにカード発行が必要な消費者金融もあるため、事前にカード発行の有無を確認しておきましょう。

ちなみに、カード発行が必要でも、無人契約機で受け取りをすれば、即日融資を受けられます。その場合、大手消費者金融の無人契約機にはATMが併設されているところもあるので、カードを発行してすぐに6万円借りられますよ。

借り入れ方法

借り入れ方法は「振り込み」と「ATM借り入れ」に分けられますが、借り入れ方法によって注意点が異なります。

振り込みの場合は、振り込みを依頼する時間に注意しましょう。基本的に14時以降に依頼すると即日以降の入金になってしまいますが、大手消費者金融と提携している金融機関であれば、即日入金を行ってくれることもあります。

大手消費者金融3社の主な提携金融機関をまとめておいたので、参考にしてください。

大手消費者金融提携金融機関
プロミス三井住友銀行
セブン銀行
ローソン銀行
ゆうちょ銀行
アコムセブン銀行
ローソン銀行
イオン銀行
三菱UFJ銀行
アイフルセブン銀行
ローソン銀行
イオン銀行
三菱UFJ銀行

一方、キャッシングカードを使ってATMから借り入れる場合は、いつでもお金を引き出せます。ただし、カード発行が無人契約機の営業時間に間に合わなければ、即日融資はできないので注意してください。

必要書類

カードローンへ申し込むときに必要な書類に不備があると、審査に時間がかかったり、審査落ちの原因になったりします。

申し込み時の必要書類は本人確認書類と収入証明書の2点ですが、6万円程度の少額借り入れでは本人確認書類のみの提出でOKです。

本人確認書類としては運転免許証やマイナンバー、パスポートなどが有効です。本人確認書類に記載されている住所と申し込み時の住所が同じかどうかを確認してから、提出するようにしてください。

6万円を借りたい!審査落ちする人の特徴5選

カードローン審査に落ちてしまう人には共通点があるので、申し込む前に確認しておきましょう。

  • 他社から高額借り入れをしている
  • 借り入れ希望額が高すぎる
  • 短期間で複数社へ申し込んでいる
  • 信用情報に傷が付いている
  • 虚偽の内容を申告している

それぞれ解説していきます。

他社から高額借り入れをしている

1つ目は「他社から高額借り入れをしている」です。

消費者金融には「総量規制」が設けられており、申し込み者本人の年収の3分の1以上は借り入れできません。例えば、年収が150万円の人は50万円以上、300万円の人は100万円以上の融資を受けらないということです。

ただし、総量規制の対象になるのは、消費者金融カードローンやクレジットカードのキャッシング枠だけです。住宅ローンやマイカーローン、ショッピングローンなどは総量規制の対象にならないので安心してください。

借り入れ希望額が高すぎる

2つ目は「借り入れ希望額が高すぎる」です。

6万円必要な方の中には、「万が一のことを考えて高額借り入れを希望した方がいいかな」と考えている方もいるかもしれませんが、必要以上の金額で申し込むと、審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

消費者金融側は、借り入れ希望額と本人の返済能力が見合っているかどうかを審査するため、希望額が高額になるほど審査難易度がアップします。

6万円借りたい時は借り入れ希望額を6万円に設定した方が、審査通過率も上がり、返済負担も減らせますよ。

短期間で複数社へ申し込んでいる

3つ目は「短期間で複数社へ申し込んでいる」です。

少しでも審査通過率を上げようと、同時に複数の消費者金融へ申し込むのは逆効果です。短期間で複数社に申し込むと「申し込みブラック」の状態になり、確実に審査落ちしてしまいます。

申し込みブラックとは:
半年以内に3社以上へ申し込んだ人に対して、金融機関が審査に通さないようにする制度

消費者金融への申し込み・利用情報はすべて個人信用情報として保管され、申し込み先の消費者金融や信販会社が確認できるようになっています。つまり、他社へ申し込んだことは隠せないので注意してください。

信用情報に傷が付いている

4つ目は「信用情報に傷が付いている」です。

個人信用情報に以下の情報が記録されている人は、信用情報に傷が付いており、審査に落ちてしまいます。

信用情報に傷があるケース
  • スマホ代金を3か月以上滞納している
  • ローンやクレジットカードの利用料金などを2か月以上滞納・強制解約
  • 任意整理
  • 自己破産

信用情報に傷が付いている場合、これらの情報が消えるまで待たなければいけません。基本的に5~10年は保管されるので、初めから信用情報に傷を付けないことが重要になります。

虚偽の内容を申告している

5つ目は「虚偽の内容を申告している」です。

審査に通りやすいように、申し込み時の書類記入やデータ入力で嘘を付くことは絶対に辞めましょう。

例えば、実際の年収よりも高い年収で申告したとしても、個人信用情報の開示によって嘘を付いていることはバレてしまいます。

嘘を付いたことがバレてしまうと、もう二度とその消費者金融カードローンの審査に通ることはない(社内ブラック)ので、正しい情報を申告するようにしてください。

カードローンをずっと使い続ける秘訣

カードローンの審査に一度通過すれば、その後は借り入れ限度額まで何度でも利用可能です。しかし、使い方を誤ってしまうと、借金の返済に苦しむことになります。

そこでここでは、上手にカードローンを利用する秘訣を紹介します。

  • 返済プランを立ててから借りる
  • 借りたら早めに返済する
  • 返済期日に間に合わなければ連絡する

それぞれ確認していきましょう。

返済プランを立ててから借りる

1つ目は「返済プランを立ててから借りる」です。

カードローンを利用する時に一番大切なのは、現実的な返済プランを立てることです。

無計画にお金を借りてしまったり、無理のある返済プランを立ててしまうと、「思ったより支払額が多い」「返済に追われて生活が圧迫されている」といったことになりかねません。

さらに、滞納や延滞をすると信用情報に傷が付き、カードローンを利用できなくなるかもしれません。

消費者金融の公式サイトでは、借り入れ額や返済回数、返済期間を設定するだけで簡単に返済シミュレーションを行えるので、是非活用してみてください。

借りたら早めに返済する

2つ目は「借りたら早めに返済する」です。

カードローンで借りたお金は利息が発生するので、返済期間が延びるほど返済総額が膨らんでいきます。

余計な利息を支払いたくない方は、積極的に繰り上げ返済を活用して、お金に余裕が生まれたタイミングでまとまった金額を返済するようにしましょう。

繰り上げ返済で支払ったお金は、すべて元金の返済に充てられるため、確実に支払い利息を減らせます。返済期間も短縮できて一石二鳥なので、上手に繰り上げ返済を活用してください。

返済期日に間に合わなければ連絡する

3つ目は「返済期日に間に合わなければ連絡する」です。

転職や退職などでやむを得ず返済が遅れてしまいそうな時は、消費者金融にその旨を必ず伝えましょう。

連絡をせずに延滞・遅延すると、消費者金融から不審に思われてしまい、利用限度額が減ったり、強制解約されたりする可能性があります。

事前に連絡を行えば、消費者金融側も事情を踏まえた上で返済日や返済額を調整してくれるので、返済期日に間に合わないと分かったタイミングで連絡するようにしてください。

どうしても6万円借りたい時でも闇金はNG!

どうしても6万円が必要だとしても、闇金からお金を借りて良いことはありません。

闇金の利用で起こりうるトラブルには、以下のようなものがあります。

闇金トラブルの例
  • 勤務先に闇金が取り立てに来た
  • 深夜でもしつこく連絡される
  • 自宅の近所で取り立てされる
  • 自宅に悪質な張り紙を貼られる
  • 犯罪行為に巻き込まれる
  • 口座売買やスマホ契約を強制される
  • 闇金業者間で個人信用が流出する

金融機関の審査に落ちて困っている人は、闇金を利用せずに、債務整理をしたり、公的融資制度を頼ったりしましょう。

なお、SNSや個人間融資掲示板で「ブラックでもOK」「誰でもすぐに融資します」などの言葉で誘ってくるのも、闇金である可能性が高いので絶対に避けてください。

6万円を借りたい!まとめ

6万円借りる方法やおすすめの消費者金融について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

6万円借りる方法には、クレジットカードのキャッシング枠や質入れ、公的融資制度などがありますが、融資スピードが早く、無利息サービスを利用できる大手消費者金融カードローンが一番おすすめです!

その中でも「SMBCモビット」はWEB完結可能&利息の返済でTポイントが貯まるので、今すぐお得に6万円借りられますよ!

SMBCモビット ※ 【審査時間最短30分の表記に関して】 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
SMBCモビット ※【最短3分で振込キャッシングの表記に関して】 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
プロミス ※【審査時間最短3分の表記に関して】 お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
プロミス ※【最短3分融資の表記に関して】 お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アコム ※ 【最短20分融資に関して】お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

目次