50万円借りたい|審査なしで50万円借りる方法を職業別で徹底解説!

50万円借りたい

どうしても50万円借りたい人の中には「審査なし・即日対応で50万円借りる方法が知りたい」という方もいるでしょう。

実際、50万円を審査なしで借り入れする方法や、即日50万円借りられる方法はあります。

そこでこの記事では、50万円借りたいという人向けに、審査なしで借り入れする方法やおすすめの消費者金融をまとめました。職業別で50万円借りる方法も解説していくので、できるだけ早く50万円借りたい方は是非参考にしてください。

目次

50万円を審査なしで借りることは基本的に難しい

審査なしで50万円を借りたい人も多いと思いますが、金融機関は貸金業法に従って融資を行っているため、必ず審査を通過する必要があります。

以前は金融機関の審査も甘く、簡単に50万円程度を借りられた時期もありましたが、多重債務者の増加や自己破産の申請が増えたことから審査基準が厳しくなり、現在はどこでも入念な審査が行われています。

しかし、審査なしで借りられないのはあくまで消費者金融や銀行といった金融機関の話なので、50万円を審査なしで借りることもできるのです!

50万円借りたい!審査なしで借り入れする方法5選

消費者金融や銀行のカードローンから50万円借りるには審査が必要ですが、下記のように審査なしで借り入れする方法もあります。

  • キャッシング
  • 契約者貸付
  • 年金担保貸付
  • 有担保ローン
  • 家族や友人に借りる

どうしても審査なしで50万円を借りたい方は、是非参考にしてください。

クレジットカードがある場合は「キャッシング」

1つ目の方法は「キャッシング」です。

クレジットカードを持っている人であれば、キャッシング機能を使うことで審査なしでお金を借りられます。

クレジットカードはショッピング枠とキャッシング枠が設けられており、予め決められている限度額内であれば、何度でもお金を借りられます。

ただし、クレジットカードにキャッシング枠が付帯している必要があるので、まずはキャッシング枠が付帯されているかどうかを確認してみましょう。

生命保険に加入している場合は「契約者貸付」

2つ目の方法は「契約者貸付」です。

解約払戻金のある生命保険に加入していれば、契約者貸付という方法でお金を借りられます。

契約者貸付は、生命保険の解約時にもらえる解約払戻金を担保にしているため、融資のための審査は行われません。

また、契約者貸付の最大金利は8.0%とカードローンの最大金利18.0%よりも圧倒的に低く、返済時の負担が減らせます。

きちんと生命保険の保険料を支払っている契約者であれば誰でも対象になるので、解約払戻金が50万円以上ある場合には、ぜひ契約者貸付を検討してみましょう!

高齢者の場合は「年金担保貸付」

3つ目の方法は「年金担保貸付」です。

年金担保貸付とは、年金を担保にして国からお金を借りられる制度のことです。

ただし、年金担保貸付が利用できるのは国のみで、一般の事業者が年金を担保に貸し付けるのは違法になる点には注意が必要です。

令和4年3月末の時点で年金担保貸付制度は受付を終了しており、年金を担保にお金を借りる方法は現在ありません。

不動産を所有している場合は「有担保ローン」

4つ目の方法は「有担保ローン」です。

住宅やマンションなどの不動産を所有している人は、それらを担保にした有担保ローンを利用できます。

有担保ローンは万が一返済できなくなった際に不動産を差し押さえられるため、融資する際の審査は不要です。

ただし、不動産を担保にした有担保ローンは総量規制の対象となるので、50万円を借りるには、最低でも150万円以上の年収が求められます。また、消費者金融のカードローンからの借り入れ額も含まれるので覚えておきましょう。

家族や友人に50万円借りることも1つの方法

5つ目の方法は「家族や友人に頼む」です。

どうしても50万円が必要な時で、借金や消費者金融の利用に抵抗感がある方は、身近な家族や友人に借りるのも1つの方法です。

その際、50万円必要な理由・使用用途をきちんと伝え、返済日や金利などを記載した法的に有効な借用書を必ず作成しましょう。また、その内容を第三者に確認してもらうとトラブル回避につながります。

今すぐ50万円借りたいなら消費者金融が1番おすすめ!

上記で説明したように、審査なしで50万円借りる方法は0ではないものの、誰でもお金を借りられるわけではありません。

もし審査なしの方法で借りられなかった場合には、消費者金融へ申し込みしてみましょう。消費者金融には、以下のようなメリットがあります。

消費者金融のメリット
  • 安定収入がある&審査基準を満たしていれば、即日融資可能
  • 借入額が50万円までであれば収入証明書の提出が不要
  • 一定期間無利息での借り入れが可能な消費者金融もある

このように、消費者金融であれば身分証明書のみで即日融資を受けられるだけでなく、無利息期間中に完済すれば利息0円でお金を借りられます!

即日融資や金利0円を希望しているのであれば、最初から消費者金融に絞っておくことでスピーディー&お得に50万円を借りられますよ!

SMBCモビットは無利息期間を設けていませんが、その代わりに利息の返済でTポイントが貯まるので、複数回借り入れする予定のある方や、普段からTポイントを貯めている方であれば、他社より利息を抑えられる可能性が大きいですよ!

50万円借りたい!おすすめ消費者金融5選

日本にはさまざまな消費者金融が存在しており、知名度の低い中小の消費者金融を利用すると金銭トラブルに巻き込まれる可能性もあります。

そこでここでは、知名度が高い大手消費者金融の中で、安心&即日&お得に借り入れできるおすすめ業者を紹介していきます!

SMBCモビット

SMBCモビット
利用限度額最大800万円
審査時間10秒簡易審査
融資時間最短30分
金利(実質年率)3.0%~18.0%
無利息期間サービスなし
土日の借入対応
SMBCモビットの特徴
  • 10秒簡易審査&WEB完結申し込み
  • 年会費と入会費が0円
  • 利息を返済するとTポイントが貯まる

SMBCモビットは三井住友カードが提供するカードローンブランドで、パソコンやスマホから手軽に利用できます。

入会金や年会費は無料&簡単にWEB完結で申し込めるので、急な出費で現金が必要になった方には非常に便利です。

また、Tポイントサービスが提供されており、利息分200円ごとに1ポイントが貯まるためお得ですよ!

SMBCモビットで50万円借りたい時の必要書類

SMBCモビットでお金を借りたい時の必要書類は以下の通りです。

必要書類を知りたい方はこちらをクリック

①本人確認書類

運転免許証

※持ってない方は以下のいずれか
・健康保険証
・パスポート

②収入証明書類(以下のうちいずれか1つ)

・源泉徴収票
・税額通知書
・確定申告書
・所得証明書
・給与明細書(直近2ヶ月分。賞与のある方は1年分の賞与明細)

※提出を求められない場合もあります

SMBCモビットは、必要に応じて収入証明書類の提出が求められることを覚えておきましょう!

SMBCモビットで即日融資を受ける方法

SMBCモビットで即日融資を受ける方法は以下の通りです。

融資方法手続きのタイムリミット
銀行振り込み平日14:50までに契約&振り込み手続完了
ATM土日祝日問わず21:00までに契約手続完了
スマホATM取引
(セブン銀行)
土日祝日問わず21:00までに契約手続完了

SMBCモビットの審査回答時間は、曜日に関わらず9:00~21:00です。

ただし、銀行振り込みは平日14:50までに申し込んだ分までが即日融資の対象になります。

SMBCモビットの契約手順

SMBCモビットの契約手順は以下の通りです。

契約手順
  1. SMBCモビットの公式サイト・アプリで「新規申し込み」を押す
  2. 画面の指示に従いながら、必要事項を入力して申し込む
  3. 審査・在籍確認の実施
  4. 審査に通ったら、必要書類をアップロードする
  5. 契約手続き完了

契約完了後の融資手段は、「銀行振り込み」「スマホATM取引」「ローンカード」に分けられます。

銀行振り込み
  • SMBCモビット会員ページの「振り込みキャッシング」ボタンを押す
  • 振り込み口座・希望金額を入力する
  • 口座に振り込み
アプリ
  • 自宅や職場近くのセブン銀行ATMに行く
  • スマホアプリにログインし、「スマホATM取引で融資」ボタンを押す
  • 「ご出金」→利用可能額の確認→「認証画面へ」ボタンを押す
  • モビットカード番号・認証番号・生年月日を入力する
  • セブン銀行ATMで「スマートフォン・出金・入金」をタッチし、表示されるQRコードをアプリで読む
  • アプリに表示される企業番号を、セブン銀行ATMに入力する
  • セブン銀行ATMで暗証番号&希望金額を入力する
  • 現金を引き出す
ローンカード
  • SMBCモビットの公式サイトにある「店舗・ATM案内ボタン」から自動契約機を検索し、必要書類を持参する
  • 画面の指示に従って契約手続きを行う
  • 情報を入力し、必要書類の読み取りを行う
  • 端末から契約書類・ローンカードが発行される
  • 提携ATMにローンカードを挿入する
  • 現金を引き出す
  • SMBCモビットから入会申し込み書が届く
  • 書類に記載後、返送する

SMBCモビットは無利息期間を設けていませんが、「自宅で手続きを完結させたい」「Tポイントを貯めたい」という方はSMBCモビットに申し込んでみてください!

プロミス

プロミス
利用限度額最大500万円
審査時間最短3分
融資時間最短3分
金利(実質年率)4.5%~17.8%
無利息期間サービス30日間
土日の借入対応
プロミスの特徴
  • 最短10秒で振り込み完了
  • 申し込み・借り入れ・返済は24時間いつでもできる
  • 無利息期間は初回借り入れ日からスタート

プロミスのお借入診断は生年月日・税込年収・他社お借入金額の3項目を入力するだけで、借入見込みがあるのかどうかをチェックできるので、「いきなり本審査に臨むのは不安」という方にもぴったりです!

プロミスにはカードレス入出金機能があるため、セブン銀行ATM・ローン銀行ATMなどでアプリを使ってスムーズに借り入れできますよ!

プロミスで50万円借りたい時の必要書類

プロミスでお金を借りたい時の必要書類は以下の通りです。

~50万円を借り入れしたい方はこちらをクリック

①本人確認書類

運転免許証

※持ってない方は以下のいずれか
・パスポート
・健康保険証+1点(住民票の写しなど
)

※外国籍の方は以下のいずれか
・在留カード
・特別永住者証明書

※書類の記載住所が現住所と異なる場合、以下書類のうち1点別途必要
・地方税の領収書もしくは納税証明書
・社会保険料の領収書
・公共料金の領収書
・住民票の写し、または記載事項証明書

51万円~を借り入れしたい方はこちらをクリック

①本人確認書類

運転免許証

※持ってない方は以下のいずれか
・パスポート
・健康保険証+1点(住民票の写しなど
)

※外国籍の方は以下のいずれか
・在留カード
・特別永住者証明書

※書類の記載住所が現住所と異なる場合、以下書類のうち1点別途必要
・地方税の領収書もしくは納税証明書
・社会保険料の領収書
・公共料金の領収書
・住民票の写し、または記載事項証明書

②収入証明書類(以下のうちいずれか1つ)
・源泉徴収票
・確定申告書
・給与明細書(直近2ヶ月分。賞与のある方は1年分の賞与明細)
・額通知書
・所得証明書

このように、借り入れ金額によって必要書類が変わってくるので注意しましょう!

プロミスで即日融資を受ける方法

プロミスで即日融資を受ける方法は以下の通りです。

融資方法手続きのタイムリミット
銀行振り込み
(三井住友銀行・PayPay銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・みずほ銀行)
三井住友銀行PayPay銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・みずほ銀行
→ 土日であっても21時までに契約完了
→ 振込は契約を完了していれば24時間反映可能

その他提携金融機関
→ 多くの金融機関で平日夜間・土日祝日でも振り込み可能になりましたが、対応時間に制限のある金融機関もあります。
ATM三井住友銀行のローン契約機
→ 9:00~21:00※契約機により営業時間、休日が異なります。

その他のローン契約機
→ 土日祝問わず21:00まで対応
→ ローンカード発行は自動契約機で21:00まで可能

このように、ATMやアプリでの融資は銀行口座に振り込まなくても良いので、即日融資のタイムリミットも長めになります。

ただし、プロミスを初回利用する方は21:00までに「契約完了」しなければいけないので、20:00には申し込み手続きを始めた方が良いでしょう。

プロミスの契約手順

プロミスの契約手順は以下の通りです。

契約手順
  1. プロミスの公式サイト・アプリで「新規申し込み」を押す
  2. 画面の指示に従いながら、必要事項を入力して申し込む
  3. 審査・在籍確認の実施
  4. 審査に通ったら、必要書類をアップロードする
  5. 契約手続き完了

契約完了後の融資手段は、「銀行振り込み」「スマホATM」「ローンカード」に分けられます。

銀行振り込み
  • インターネットの会員ページにログインする
  • 「瞬フリ」サービスメニューから振込先口座&希望額を入力
  • 口座に振り込み
スマホATM
  • 自宅や職場近くのセブン銀行ATMに行く
  • スマホアプリにログインし、「スマホATM取引で融資」ボタンを押す
  • セブン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」をタッチし、表示されるQRコードをアプリで読む
  • アプリに表示される企業番号を、セブン銀行ATMに入力する
  • セブン銀行ATMで暗証番号&希望金額を入力する
  • 現金を引き出す
ローンカード
  • 審査結果の連絡時に最寄りの無人契約機を聞き、必要書類を持参する
  • 画面の指示に従って契約手続きを行う
  • 情報を入力し、必要書類の読み取りを行う
  • 端末から契約書類・ローンカードが発行される
  • プロミスATMや提携ATMにローンカードを挿入する
  • 現金を引き出す

プロミスの無利息期間は初回借り入れからスタートするため、「いつか50万円借りたくなった時に備えたい」という方は是非プロミスに申し込んでみてください!

アコム

アコム
利用限度額最大800万円
審査時間最短20分
融資時間最短20分
金利(実質年率)3.0%~18.0%
無利息期間サービスご契約の翌日から30日間は金利0円
土日の借入24時間、土日も銀行口座振込可能
アコムの特徴
  • 申し込み~借り入れまでWEB完結!
  • 借入限度額が高額
  • アコムでのご契約がはじめてのお客さまなら30日間無利息サービスが利用できる

アコムは、カードローンランキングで3部門No.1を受賞した消費者金融です。

「手続きが分かりやすい」と初めての方や借り入れスピードを重視する方から好評で、どうしても50万円をすぐに借りたい方におすすめです。

最短20分融資に対応している上に、ご契約の翌日から30日間は金利0円なので、消費者金融ならではのメリットがたくさん詰め込まれていますよ!

アコムで50万円借りたい時の必要書類

アコムでお金を借りたい時の必要書類は以下の通りです。

なお、アコムでは以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要です。

収入証明書が必要な方
  • 当社のご契約が50万円を超えるお客さま
  • 他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
~50万円を借り入れしたい方はこちらをクリック

①本人確認書類

運転免許証、マイナンバーカード、パスポート、(交付を受けていない方は)健康保険証

※本人確認書類は有効期限内のものに限ります。
※書類に個人番号(マイナンバー)、本籍地が記載されている場合は、個人番号、本籍地をふせんで隠すなど、写らない状態にしてご提出ください。
※保険証を提出される方は、記号・番号・保険者番号・QRコードをふせんで隠すなど、写らない状態にしてご提出ください。
※書類に記載された住所が現住所と異なる場合や、書類に現住所の記載が無い場合は、公共料金の領収書か住民票の写しの提出が必要となります。

51万円~を借り入れしたい方はこちらをクリック

①本人確認書類

運転免許証、マイナンバーカード、パスポート、(交付を受けていない方は)健康保険証

※本人確認書類は有効期限内のものに限ります。
※書類に個人番号(マイナンバー)、本籍地が記載されている場合は、個人番号、本籍地をふせんで隠すなど、写らない状態にしてご提出ください。
※保険証を提出される方は、記号・番号・保険者番号・QRコードをふせんで隠すなど、写らない状態にしてご提出ください。
※書類に記載された住所が現住所と異なる場合や、書類に現住所の記載が無い場合は、公共料金の領収書か住民票の写しの提出が必要となります。

②収入証明書類(以下のうちいずれか1つ)
・源泉徴収票
・給与明細書(直近1ヶ月分、ただし住民税の記載がない場合は直近2ヶ月分)
・市民税、県民税額決定通知書
・所得証明書
・確定申告書、青色申告書、収支内訳書

このように、借り入れ金額によって必要書類が変わってくるので注意しましょう!

アコムで最短20分融資を受ける方法

アコムで最短20分融資を受ける方法は以下の通りです。

受付時間
振込で借りるお客さまがご利用されている金融機関により、振込実施時間が変わります。
ATMで借りるアコムATM:24時間営業
それ以外:ATMにより異なる

振込で借りる場合の受付時間は、以下を参考にしてください。

楽天銀行
日時受付時間振込実施の目安
毎日0:10~23:49受付完了から10秒程度
三菱UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行・みずほ銀行
日時受付時間振込実施の目安
月曜0:10~8:59当日9:30頃
9:00~23:49受付完了から1分程度
火曜~金曜0:10~23:49受付完了から1分程度
土日祝日0:10~8:59当日9:30頃
9:00~19:59受付完了から1分程度
20:00~23:49翌日9:30頃
その他金融機関

● 振込実施時間拡大(モアタイム)金融機関の場合

日時受付時間振込実施の目安
月曜~金曜0:10~8:59当日9:30頃
9:00~17:29受付完了から1分程度
17:30~23:49翌営業日9:30頃
土日祝日0:10~23:49翌営業日9:30頃

● それ以外の金融機関の場合

日時受付時間振込実施の目安
月曜~金曜0:10~8:59当日9:30頃
9:00~14:29受付完了から1分程度
14:30~23:49翌営業日9:30頃
土日祝日0:10~23:49翌営業日9:30頃

アコムの当日契約(融資)の期限は21時までなので、余裕をもって20時までに申し込みましょう。

アコムの契約手順

アコムの契約手順は以下の通りです。

契約手順
  1. アコムの公式サイトで「新規申し込み」を押す
  2. 画面の指示に従いながら、必要事項を入力して申し込む
  3. 審査・在籍確認の実施
  4. 審査に通ったら、必要書類をアップロードする
  5. 契約手続き完了

契約完了後の融資手段は、「銀行振り込み」「ローンカード」に分けられます。

銀行振り込み
  • インターネットの会員ページ・電話から振り込み予約をする
  • 口座に振り込み
ローンカード
  • アコムの公式サイトにある「店舗・ATM案内ボタン」から自動契約機を検索し、必要書類を持参する
  • 画面の指示に従って契約手続きを行う
  • 情報を入力し、必要書類の読み取りを行う
  • 端末から契約書類・ローンカードが発行される
  • アコムATMや提携ATMにローンカードを挿入する
  • 現金を引き出す

ご契約の翌日から30日間は金利0円になるため、返済目途が立っている方はアコムに申し込んでみてくださいね!

アイフル

アイフル
利用限度額最大800万円
審査時間最短18分
融資時間最短18分
金利(実質年率)3.0%~18.0%
無利息期間サービス30日間
土日の借入対応
アイフルの特徴
  • 申し込みはWEB完結&最短18分で50万円を借りられる
  • 初めてアイフルを利用する方は最大30日間無利息!
  • 会話ロボット「ぽっぽくん」に24時間いつでも相談できる

アイフルは最短18分融資に対応している大手消費者金融です。

アイフルの利用限度額は800万円なので、急な出費で50万円が必要な方でも融資してもらえます。

また、アイフルのスマホアプリがあれば、利用残高や返済金額などの利用状況を確認したり、全国のセブンやローソン銀行から借り入れ・返済したりできるため、非常に便利です。

アイフルで50万円借りたい時の必要書類

アイフルでお金を借りる時に必要な書類は以下の通りです。

~50万円を借り入れしたい方はこちらをクリック

運転免許証

※持ってない方は以下のいずれか
・パスポート
・住基カード
・マイナンバーカード
・在留カード
・特別永住者証明書
・その他、顔写真付きの公的証明書類

※書類の記載住所が現在の住まいと異なる場合、以下書類のうち1つ別途必要
・現住所が記載されている本人確認書類
・公共料金領収書
・官公庁発行書類で氏名、住所、生年月日の記載があるもの(住民票等)

51万円~を借り入れしたい方はこちらをクリック

①本人確認書類

※持ってない方は以下のいずれか
・パスポート
・住基カード
・マイナンバーカード
・在留カード
・特別永住者証明書
・その他、顔写真付きの公的証明書類

※書類の記載住所が現在の住まいと異なる場合、以下書類のうち1つ別途必要
・現住所が記載されている本人確認書類
・公共料金領収書
・官公庁発行書類で氏名、住所、生年月日の記載があるもの(住民票等)


②収入証明書類(以下のうちいずれか1つ)
・源泉徴収票
・給与明細書(直近2ヶ月分。賞与のある方は1年分の賞与明細)
・確定申告書
・所得証明書

このように、借り入れ金額によって必要書類が変わってくるので注意しましょう!

アイフルで即日融資を受ける方法

アイフルで即日融資を受ける方法は以下の通りです。

融資方法手続きのタイムリミット
銀行振り込み24時間365日、夜間・土日祝問わず対応
ATM土日祝問わず21:00まで対応
店頭窓口平日18:00まで対応

どの融資方法を選んでも、アイフルの審査回答時間は曜日に関わらず9:00~21:00です。

銀行振り込みや店頭窓口はさらに営業時間が短いため、いつでもどこでも融資を受けたいのであれば、ATMを選ぶようにしましょう!

なお、24時間融資を受けられるATMでも、当日の融資を希望するのであれば20:35までに申し込む必要があります。

アイフルの契約手順

アイフルの契約手順は以下の通りです。

契約手順
  1. アイフルの公式サイト・アプリで「新規申し込み」を押す
  2. 画面の指示に従いながら、必要事項を入力して申し込む
  3. 審査・在籍確認の実施
  4. 審査に通ったら、必要書類をアップロードする
  5. 契約手続き完了

契約完了後の融資手段は、「銀行振り込み」「スマホATM」「ローンカード」に分けられます。

銀行振り込み
  • インターネットの会員ページにログインする
  • 「振り込み融資」のボタンを押し、振込先口座&希望額を入力
  • 口座に振り込み
スマホATM
  • 自宅や職場近くのセブン銀行ATMに行く
  • スマホアプリにログインし、「スマホATM取引で融資」ボタンを押す
  • セブン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」をタッチし、表示されるQRコードをアプリで読む
  • アプリに表示される企業番号を、セブン銀行ATMに入力する
  • セブン銀行ATMで暗証番号&希望金額を入力する
  • 現金を引き出す
ローンカード
  • アイフルの公式サイトにある「店舗・ATM検索」から無人契約機を探し、必要書類を持参する
  • てまいらずBOXの受話器で「契約手続きをしたい」と伝える
  • 情報を入力し、必要書類の読み取りを行う
  • 端末から契約書類・ローンカードが発行される
  • 提携ATMにローンカードを挿入する
  • 現金を引き出す

アイフルならスマホだけで借り入れ・返済・増額申請が完了するので、今すぐ50万円借りたい方はぜひ申し込んでみてください!

レイク

レイク
利用限度額最大500万円
審査時間申込み後、最短15秒
融資時間Webなら最短25分融資も可能
金利(実質年率)4.5%~18.0%
無利息期間サービス60日間
土日の借入対応
レイクの特徴
  • 申し込んで最短15秒で審査結果が表示される
  • 24時間いつでも申し込める
  • 60日間利息0円!

レイクは、60日間利息0円で借り入れ・返済ができる消費者金融です。

また、レイクの運営元は20年以上の実績のある「新生ファイナンシャル」なので、安心安全に使えます。

申し込みから最短15秒で審査結果が表示されるので、すぐに50万円借りたい方にぴったりですよ!

レイクで50万円借りたい時の必要書類

レイクでお金を借りたい時の必要書類は以下の通りです。

~50万円を借り入れしたい方はこちらをクリック

①本人確認書類

運転免許証

※持ってない方は以下のいずれか
・健康保険証
・パスポート
・特別永住者証明書
・住基カード

※書類の記載住所が現住所と異なる場合や、無人契約機での契約時に健康保険証を提出する場合は、以下書類のうち1点が別途必要
・公共料金領収書
・住民票の写し
・印鑑登録証明書

51万円~を借り入れしたい方はこちらをクリック

①本人確認書類

運転免許証

※持ってない方は以下のいずれか
・健康保険証
・パスポート
・特別永住者証明書
・住基カード

※書類の記載住所が現住所と異なる場合や、無人契約機での契約時に健康保険証を提出する場合は、以下書類のうち1点が別途必要
・公共料金領収書
・住民票の写し
・印鑑登録証明書

②収入証明書類(以下のうちいずれか1つ)

・源泉徴収票
・住民税決定通知書、納税通知書
・確定申告書
・所得証明書

※上記書類の用意が難しいときは下記の書類を提出
・給与明細書(直近2ヶ月分。賞与のある方は1年分の賞与明細)

このように、借り入れ金額によって必要書類が変わってくるので注意しましょう!

レイクで即日融資を受ける方法

レイクで即日融資を受ける方法は以下の通りです。

融資方法手続きのタイムリミット
銀行振り込み21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)
→ 当日中に振込みが可能
ATM21時までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)
→ 提携ATMで即日融資が可能
スマホATM取引
(セブン銀行)
21時までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)
→ セブン銀行ATMで即日融資が可能

レイクで即日融資を受けたいのであれば、21時(日曜日は18時)までに申し込み手続き&書類の提出を済ませるようにしましょう。

レイクの契約手順

レイクの契約手順は以下の通りです。

契約手順
  1. レイクの公式サイト・アプリで「新規申し込み」を押す
  2. 画面の指示に従いながら、必要事項を入力して申し込む
  3. 仮審査の後に結果が表示され、本審査が行われる
  4. 在籍確認の実施
  5. 審査に通ったら、必要書類をアップロードする
  6. 契約手続き完了

契約完了後の融資手段は、「銀行振り込み」「アプリ」「ローンカード」に分けられます。

銀行振り込み
  • インターネットの会員ページにログインする
  • 振り込み融資のボタンから振り込み口座・希望金額を入力する
  • 口座に振り込み
アプリ
  • 自宅や職場近くのセブン銀行ATMに行く
  • スマホアプリにログインし、「スマホATM取引で融資」ボタンを押す
  • セブン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」をタッチし、表示されるQRコードをアプリで読む
  • アプリに表示される企業番号を、セブン銀行ATMに入力する
  • セブン銀行ATMで暗証番号&希望金額を入力する
  • 現金を引き出す
ローンカード
  • レイクの公式サイトにある「店舗・ATM案内ボタン」から自動契約機を検索し、必要書類を持参する
  • 画面の指示に従って契約手続きを行う
  • 情報を入力し、必要書類の読み取りを行う
  • 端末から契約書類・ローンカードが発行される
  • 提携ATMにローンカードを挿入する
  • 現金を引き出す

「無利息期間に余裕があった方が嬉しい」という方は、レイクに申し込んでみてくださいね!

50万円借りる方法【職業別】

50万円借りる方法は、消費者金融以外にもいくつかあります。

そこでここでは、消費者金融以外に50万円借りる方法を職業別に紹介します。

  • 主婦
  • 大学生
  • 公務員

それぞれ見ていきましょう!

主婦の場合は「配偶者貸付」

主婦でもパートをしていれば消費者金融でお金を借りられますが、夫の収入のみで生活する専業主婦は消費者金融を利用できません。しかし、配偶者貸付制度を利用すれば、主婦でもお金を借りられます。

配偶者貸付は、配偶者である夫の名前で借りられる制度で、一部の銀行系カードローンで利用できます。

ただし、配偶者貸付は総量規制の対象となるため、50万円を借りるためには夫の収入が150万円以上ある必要があります。

大学生の場合は「内定者専用ローン」

一部の銀行で取り扱っている内定者専用ローンは、内定が決まっている大学生のみ低金利でお金を借りられます。

アルバイト収入は不要で、満18歳~30歳までで内定証明書の提出ができ、対象地域の居住者や、内定先の住所が対象地域だった場合に利用できます。

ただし、内定者専用ローンを取り扱う銀行は全国でも少なく、その多くが地方の金融機関です。

公務員の場合は「共済組合」

公務員として働いている場合には、共済組合の貸付がおすすめです。

共済組合の最大金利は1.26%に設定されているため、消費者金融や銀行よりも遥かに金利負担が軽減されます。

ただし、住宅や自動車の購入、医療費、結婚費用、修学費用、出産費用など、使用目的が限られているので注意しましょう。

50万円借りる時の金利&返済シミュレーション

50万円を借りる前に、金利と返済のシミュレーションをしておきましょう。

借りたお金は必ず金利を加算して毎月返済しなければいけないため、本当に無理なく返済できるのかを、以下のように計算してみました。

スクロールできます
毎月の返済額返済回数総金利総返済額
15,000円47回198,327円698,327円
20,000円32回131,374円631,374円
25,000円24回98,900円598,900円
30,000円20回79,706円579,706円
35,000円17回66,954円566,954円

金利を考慮すると、50万円を借りた場合には毎月25,000円の24回(2年払い)がおすすめです。

どうしても50万円借りたい人必見!審査に通過しやすくなるポイント

チェック

ここでは、どうしても50万円借りたい人のために、審査に通過しやすくなるポイントを3つ紹介していきます!

  • 借り入れ希望額を減らす
  • 1社ずつ申し込む
  • 他社借り入れを減らす

それぞれ見ていきましょう。

借り入れ希望額を減らす

1つ目は「借り入れ希望額を減らす」です。

金融機関の審査に落ちるのは、申し込み者のステータスでは踏み倒しや返済遅延のリスクがあると判断されるからです。

借り入れ金額が低ければ低いほどリスクは軽減されるため、申し込み時の借り入れ希望額を減らしてみましょう。

例えば、いきなり50万円と提示するのではなく、10万円や20万円程度の借り入れ希望額であれば、多少ステータスが低くても審査通過の可能性は高くなりますよ!

1社ずつ申し込みをする

2つ目は「1社ずつ申し込みをする」です。

金融機関が審査時に参照する信用機関のデータベースには、「どこの借り入れにいつ申し込みをしたのか」がハッキリと記録されています。

そのため、同時に複数の金融機関へ申し込みをすると、かなりお金に困っている人だと思われ、審査落ちしてしまう可能性が高くなります。

短い期間で複数社へ申し込みせず、もし1社で断られた場合には、日数を空けてから再び申し込みしましょう。

他社借入を減らす

3つ目は「他社借入を減らす」です。

複数の金融機関からお金を借りていると、たとえ総量規制の範囲内であっても、金融機関からの評価を大幅に下げてしまい、審査落ちの可能性が高くなります。実際、いわゆる「多重債務者」は、金融機関が最も懸念するところです。

そのため、新規で申し込みをする前に、まずは他社の借り入れ件数を減らすところから始めましょう。

50万円借りたい時の注意点

「どうしても50万円借りたい!」と焦っている方もいるかもしれませんが、いくつか注意しておかなければいけないことがあります。

  • 銀行カードローンよりも消費者金融の方が早くお金を借りられる
  • 消費者金融で50万借りたい場合は年収150万円以上が必要
  • どうしても50万円借りたい場合でも闇金は絶対に利用してはいけない

それぞれ見ていきましょう。

銀行カードローンよりも消費者金融の方が早くお金を借りられる

1つ目は「銀行カードローンよりも消費者金融の方が早くお金を借りられる」です。

銀行系カードローンの融資は早くても翌営業日となり、その日のうちにお金を借りることができません。そのため、すぐに50万円が必要な方は、消費者金融のカードローンを検討しましょう。

消費者金融は最短30分前後で借り入れでき、指定した銀行口座へすぐに振込してもらえますよ!

消費者金融で50万借りたい場合は年収150万円以上が必要

2つ目は「消費者金融で50万借りたい場合は年収150万円以上が必要」です。

消費者金融は総量規制の対象となるため、年収の1/3までしか借り入れができません。そのため、他社からの借り入れがない場合でも、消費者金融で50万円を借りるためには、最低でも年収150万円が必要です。

また、他社ですでに50万円を借り入れしている場合、新規の50万円と合わせて100万円になるため、年収は最低300万円必要です。

なお、銀行系カードローンは総量規制対象外なので、審査さえ通過すれば、年収額に関係なく借り入れできます。

どうしても50万円借りたい場合でも闇金は絶対に利用してはいけない

3つ目は「どうしても50万円借りたい場合でも闇金は絶対に利用してはいけない」です。

闇金はほぼ審査なしで借り入れできますが、法外な金利を課せられたり、返済遅延時に恐ろしい取り立てをされたりします。

最悪の場合、人生を左右する大きなトラブルに巻き込まれてしまうリスクもあるため、絶対に闇金でお金を借りないようにしてください。

50万円借りたい方からのよくある質問

Q&A

最後に50万円借りることに関するよくある質問と回答をまとめてみましたので、是非参考にしてみてください。

50万円借してくれる人はいますか?

家族や友人、同僚などにお願いすれば、もしかしたら50万円貸してくれるかもしれません。

ただし、どれだけ親しい仲であっても、お金を借りる時には返済期日と金利について話し合い、必ず借用書を残しておきましょう。

誰からも借りられない場合には、消費者金融のカードローンがおすすめです。

50万円までなら収入証明書が不要で、150万円以上の年収があれば、その日のうちに50万円の借り入れができます。

50万円借りたいのにブラックリスト入りしています。どうしたらいいですか?

ブラックリスト入りですと、どこの金融機関でもお金を借りることはできません。

ただし、自動車や不動産を持っているのであれば、これらを担保にして有担保ローンを組める可能性はあります。

どこからも借りれない場合には、家族や友人、同僚などに相談するしかありません。間違っても闇金を利用したり、インターネットの個人間融資サイトに相談したりするのはやめましょう。

50万円借りたい無職です。働いていなくても借り入れできますか?

残念ながら、無職ではカードローンを利用できません。

消費者金融や銀行のカードローンは「安定収入」が絶対条件なので、収入のない無職の人は申し込みの対象外です。

しかし、雇用形態は関係ありませんので、アルバイトやパートを始めることで、安定収入の条件はクリアできます。

そのため、現在無職の方はアルバイトなどで安定した収入を得てから申し込みしましょう。

50万円借りたい!即日融資してくれるところはありますか?

50万円を即日に借りたい場合には、消費者金融のカードローンがおすすめです。

同じカードローンでも銀行は即日融資に対応しておらず、早くても翌営業日以降となります。一方、消費者金融は申し込みをしたその日のうちに、早ければ申し込みから30分程度で50万円借りられます。

また、インターネットを使って消費者金融へ申し込みした場合、指定した銀行口座へ借り入れ金を振り込んでもらえるため、自宅から一歩も出ることなくその日のうちにお金を確保できますよ!

50万円借りたい学生です。どうしたらいいですか?

学生でもアルバイトで安定収入があれば、消費者金融や銀行のカードローンでお金を借りることができます。

ただし、50万円を消費者金融から借りる場合は、アルバイトで年収150万円が必要になるので、正直難しいかもしれません。

そのため、最初は10万円や20万円ほどで希望限度額を提示し、50万円借りたい方は収入が増えた段階で増額の申し込みをすると良いでしょう。

また、学生ローンの限度額は5~10万円ですが、アルバイト程度の収入でも審査通過の可能性は十分にあります。学生を騙そうとしている闇金業者が不安な場合は、消費者金融や銀行のカードローンに申し込みましょう。

50万円用意する方法を教えてください。

50万円用意したいのであれば、無利息期間を設けている大手消費者金融がおすすめです!

消費者金融からお金を借りる時には審査が行われますが、安定収入があって審査基準を満たしている方であれば、即日融資を受けられます。

無利息期間を活用することで金利を最低限に抑えられるので、最大30日間金利0円のプロミスなどに申し込んでみてくださいね!

SMBCモビットは無利息期間を設けていませんが、その代わりに利息の返済でTポイントが貯まるので、複数回借り入れする予定のある方や、普段からTポイントを貯めている方であれば、他社より利息を抑えられる可能性が大きいですよ!

50万円借りたい人に審査なしで借り入れする方法を徹底解説!まとめ

50万円借りたい人に向けに審査なしのおすすめの借入先を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

50万円程度であれば、収入証明書を提出することなく、消費者金融や銀行のカードローンで借りられます。

今すぐに50万円が必要な場合には、即日融資に対応&利息負担を減らせる消費者金融のカードローンに申し込んでみてください!

SMBCモビット ※【審査時間最短30分の表記に関して】 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
SMBCモビット ※【最短3分で振込キャッシングの表記に関して】 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
プロミス ※【審査時間最短3分の表記に関して】 お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
プロミス ※【最短3分融資の表記に関して】 お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
プロミス ※【最短10秒で振込完了の表記に関して】 24時間振り込み可能な金融機関の口座を持っている方のみ対象となります。
アコム ※【最短20分融資の表記に関して】 お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アコム ※【24時間、土日も銀行口座振込可能の表記に関して】 金融機関・お申込時間帯にってはご利用いただけない場合がございます。
アイフル ※【最短18分融資の表記に関して】 申込状況によって18分を超える場合があり、お申し込みの時間帯によっては翌日以降になる場合もあります。
アイフル ※【最短18分審査の表記に関して】 お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。

目次