30万円を借りたい時に役立つ方法は?30万円借りる条件&利息&返済額も紹介

30万円を借りたい

30万円を借りたい場合には消費者金融や銀行のカードローンが非常におすすめで、中には最短30分で融資可能な大手消費者金融もあります。

しかし、30万円を借りるためには一定の条件があるため、確実にお金を借りられるわけではありません。

30万円は決して少額ではありませんし、もし踏み倒されてしまったら消費者金融や銀行にとっては大きな損失です。

では、どんな人であればカードローンを使って30万円を借りられ、他にどのような方法で30万円を借り入れることができるのでしょうか?

そこでこの記事では、30万円を借りたい人に向けて、借りるための条件や最適な方法、利息・返済額などについてまとめてみました。30万円借りる条件や利息に付いて詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

30万円を借りるための条件3選

消費者金融や銀行などの金融機関から30万円を借りるためには、「満20歳以上69歳以下」「安定収入がある」「金融事故なし」という3つの最低条件をクリアしていなければいけません。

また、消費者金融の場合は総量規制が適用されるため、30万円を借りるための年収は最低90万円となります。

それでは、もう少し詳しく30万円を借りるための条件について解説していきます。

満20歳以上であること

金融機関では年齢制限が定められており、お金を借りられるのは満20歳以上の人に限られます。2024年現在、18歳と19歳は未成年者ではなくなりましたが、基本的には多くの金融機関でお金を借りるためには、満20歳以上でなければいけません。

もちろん、年齢を偽って申し込みすることは不可能です。金融機関からお金を借りるためには、希望額問わずに必ず身分証明書の提出が必要で、年齢ももちろん確認します。

また、たとえインターネット申し込みであっても、身分証明書画像のアップロードが必要なので、絶対に年齢を偽って30万円借りることはできません。

継続して安定した収入があること

金融機関で借りたお金は必ず返済しなければいけないので、返済能力のない人への貸付は行っていません。つまり、毎月返済が可能な、継続して安定した収入があることが絶対条件です。

ただし、雇用形態は関係なく、正社員はもちろんのこと、契約社員や派遣社員、アルバイト、パートなどでも、在籍確認の電話で働いていることが確認できれば、お金を借りられます。

しかし、専業主婦は夫の収入こそありますが、自分自身が働いて稼いでいるわけではありません。一部の銀行で専業主婦に向けた配偶者貸付を取り扱っている場合がありますが、消費者金融で借りることは不可能です。

もし専業主婦が消費者金融で30万円借りたい場合には、まずパートの面接を受け、自分自身で稼ぐようにしましょう。

過去に滞納などをしていないこと

金融機関の融資審査では、個人信用情報機関のデータベースを参照し、過去に延滞や踏み倒しなどの金融事故を起こしていないかチェックします。

1回や2回程度の延滞でしたらそこまで影響はありませんが、何度も延滞を繰り返していると金融事故と判断され、お金を借りることができなくなります。

金融事故は一定期間でデータベースから削除されますが、完済後5~10年ほどはそのまま残り続けます。信用情報に傷をつけてしまわないためにも、お金を借りた場合には、毎月の期日までにきちんと返済しましょう。

また、毎月返済していても、金利だけの返済では信用情報に傷がついてしまう場合があります。もし30万円借りられた場合には、最低返済額を厳守し、金利と元本を毎月返済していきましょう。

30万円を借りたい方必見!30万円を借りたい時に役立つ方法を紹介

30万円借りたい場合、「カードローン」「キャッシング」「親や友人」「生活福祉資金貸付制度」などの方法があります。ここでは、30万円借りたい方のために、最適な方法をご紹介します。

カードローン

カードローンとは、消費者金融や銀行で取り扱う商品で、利用限度額の範囲内でしたら借り入れと返済を繰り返し利用できます。基本的に50万円まででしたら収入証明書は不要で、身分証明書のみで申し込み可能です。

金利は最大18.0%ですが、銀行のカードローンは若干低く設定されています。しかし即日に30万円が必要な場合には消費者金融のカードローンがおすすめで、申し込みから借り入れまで、早ければ30~60分程度です。

もちろんインターネットから気軽に申し込み可能で、借り入れ金は指定口座への振込も可能です。今すぐ30万円が必要な場合に、消費者金融のカードローンは大変おすすめです。

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があり、キャッシング枠でしたら自由に使えるお金の借り入れができます。

各クレジットカードによって利用限度額が異なりますが、クレジットカード申し込み時に審査は完了していますので、キャッシング利用で新たな審査は必要ありません。日本全国にある提携ATMで借り入れ可能です。

もしキャッシング枠が付帯されていない場合には、クレジットカード会社に申告することで新たに審査が行われ、利用限度額が設定されます。クレジットカードでキャッシングしても、信用情報に傷がつくことはありませんのでご安心ください。

親や友人に30万円を借りる

金融機関やクレジットカード会社などから借りずに、親や友人に相談して30万円借りる方法もあります。お金の相談はし辛いかもしれませんが、どうして30万円が必要なのか、その理由をハッキリ伝えることで貸してくれる可能性はあります。

ただし、いくら親や友人だとしても、お金の貸し借りは信頼に大きく影響を与えます。返済時にトラブルを起こさないためにも、必ず借用書を作成し、可能であれば第三者に間に入ってもらいましょう。

借用書は適当に作成せずに、法的にも有効になるようきちんとした文章と構成で作成してください。そして親や友人に借りれた場合には、毎月の返済期日を厳守し、信頼を失うことのないようにしましょう。

生活福祉資金貸付を活用する

生活福祉資金貸付とは、お金に困っている人を救済するために存在する国の制度です。

今すぐに緊急でお金が必要な時には「緊急小口資金」、生活を再建するための「総合支援資金」、子供の入学や進学など教育のために使える「教育支援資金」など、様々な目的に沿った生活福祉資金貸付があります。

しかし、生活福祉資金貸付は税金が使われる制度ですので、誰もが借り入れを認められるわけではありません。「年収が少ない人」「失業してお金に困っている人」など、お金に余裕がない人に限られ、借り入れ前には審査が行われます。

ただし、審査に通過したからといって、すぐに借り入れできるわけではありません。最も早い緊急小口資金でも、審査通過後7~10日ほどかかるため、すぐにお金が必要な場合にには、生活福祉資金貸付ではなく別の借り入れ方法をおすすめします。

その他の方法

その他の30万円借りる方法として、生命保険の解約払戻金を担保にした「契約者貸付」、また自宅にある不要なものを担保にしてお金を借りる「質屋」などがあります。契約者貸付は、解約払戻金がもらえる生命保険の契約者のみが利用できるローンで、担保があるため貸付にあたっての審査はありません。

ただし、借りられるのは契約者本人のみで、契約者ではない生命保険の被保険者の借り入れはできませんので、ご注意ください。またハイブランドのバッグやアクセサリーなどをお持ちでしたら、質屋に持っていくのも1つの方法です。

質屋に入れた場合、一定期間でしたら品物を担保にしてお金を借りることができ、全て完済することで、質流れを防ぎ取り戻すこともできます。注意したいのは、カードローンやクレジットカードなどと比べて、金利が高く設定されることです。

かなり足元を見られがちですので、どうしてもお金が必要な時にだけ利用しましょう。どこからもお金を借りることができない場合には、「メルカリ」「楽天ラクマ」「PayPayフリマ」などのフリマアプリがおすすめです

お金のやり取りは全て運営側で管理してくれるため、お金が振込されないなどのトラブルはありません。自宅にある意外なものが高く売れたりしますので、お金が必要でしたら積極的に販売してみてください。

今すぐ30万円を借りたいなら大手消費者金融がおすすめ!

もし今すぐに30万円を借りたい場合には、ぜひとも大手消費者金融をご利用ください。大手消費者金融でしたら、申し込みから融資実行まで最短30~60分程度で完了し、インターネット申し込みでも振込での借り入れができます。

また、一定の無利息期間もあるため、上手に利用することで金利の負担なく30万円借りることができます。大手消費者金融は安定収入のある満20歳以上でしたら誰でも申し込み可能で、非正規雇用のアルバイトやパートなどでも問題ありません。

同じ消費者金融でも中小の利用は避けた方が無難です。中小の消費者金融でもその日のうちに30万円借りられるところもありますが、全国的な知名度がないため、下手したら闇金の可能性だって考えられます。

正直なところ、中小消費者金融と闇金はなかなか区別が付きません。だからこそ知名度が高く、多くが銀行傘下に入っている大手消費者金融をおすすめします。

消費者金融や銀行カードローンで30万円借りる場合の金利一覧表

カードローン金利(実質年率)
SMBCモビット3.0~18.0%
プロミス4.5~17.8%
アコム3.0~18.0%
アイフル3.0~18.0%
レイク4.5~18.0%

こうして比較してみますと、どこの大手消費者金融も似たような金利であり、大差はありません。大手消費者金融で初めて30万円を借りる場合、ほとんど最大金利が適用されるため、プロミスを除き基本18.0%となります。

一昔前はグレーゾーン金利として29.0%の金利でしたが、現在では完全に撤廃されたため、かなり金利による負担が軽減されています。とは言いましても、毎月の返済額と返済期間によっては大きな負担となりますので、30万円借りた場合には、金利を考慮した返済計画を立てるようにしましょう。

では、大手消費者金融の「SMBCモビット」「プロミス」「アコム」についてもう少し詳しくご紹介していきます。

30万円を即日融資してくれる「SMBCモビット」

SMBCモビット

SMBCモビットはクレジットカードのキャッシングよりも圧倒的に金利を抑えられます!

SMBCモビットのWeb完結申し込みなら、在籍確認を「電話連絡」→「必要の書類提出」に変更できるため、周囲にバレることなくお金を借りたい方にもおすすめです。

また、借入限度額は800万円までとなっており、旅行や車の修理などの急なお金の入用でも即日融資してくれます。その上、土日祝日の振込やカードレスにも対応していますし、ATMで融資を受けることもできますので、使い勝手も良いでしょう。

さらに、SMBCモビットなら利息の返済でTポイントが貯まる&貯まったポイントを返済に利用でき、返済負担を減らせるのも嬉しいポイントです。今すぐ30万円が必要な方は、是非SMBCモビットに申し込んでみてくださいね。

金利4.5~17.8%の「プロミス」

プロミス

プロミスで借りる際に適用される金利は、4.5~17.8%の幅が持たれており、資付条件の下限と上限では大きな差があります。

そのため、4.5%の金利でお金を借りたいと思っても、場合によっては17.8%になる可能性もありますので、融資を受ける際には要注意です。

プロミスで返済のシミュレーションする際は、4.5%ではなく、上限の17.8%で行えばよりリアルな計画を立てられます。プロミスで初めて申込みした場合は、適用される金利は17.8%となる場合が多い特徴となっていますが、それよりも低く借りられることもあります。

また、限度額が上がらなければ適用金利は下がりにくい傾向にありますが、プロミスでは契約直後でもすぐに増額の申請ができます。確かに増額すれば金利を抑えることも可能ですが、状況によっては申請が通らない場合もありますのでご注意ください。

最短20分で融資可能な「アコム」もおすすめ!

アコム

アコムでのご契約がはじめてのお客さまなら30日間無利息サービスが利用できます。また、最短20分で融資可能です。

無利息期間を過ぎると、3.0%~18.0%が適用されますが、全国の提携CD・ATMでご利用・ご返済が可能です。

インターネットから手軽にお申し込み可能ですし、必要書類を提出すれば審査に進みますので、ご契約・お借入の結果の内容に同意できれば、手続き完了となります。

アコムでのカードローンの返済方式は、「定率リボルビング方式」契約頻度額「1万円~800万円」となっています。

インターネットでしたら土日祝日、夜間でも申込みできますし、審査が通ればお持ちの口座に送金されるか、お近くのコンビニのATMにて出金できます。

ご返済する場合は、35日ごとの支払・毎月支払(口座振替・口座振替以外)のどちらかを選ぶことができますので、無理のない方法にしましょう。

30万円借りる場合の利息

大手消費者金融から30万円借りた場合、各社下記の金利が加算されます。

カードローン返済回数完済時の総金利
SMBCモビット36回88,683円
プロミス36回87,289円
アコム29回70,993円
アイフル29回70,993円
レイク32回78,817円

いずれも最低返済額で返済した場合の金利となります。

こうして各大手消費者金融の金利を確認してみますと、それぞれ最高返済回数に違いがあり、また完済時の総金利も大きく異なります。

金利負担が少ない消費者金融はその分返済回数が少ないため、毎月の返済額も高くなります。

30万円借りる場合の返済額

次に大手消費者金融から30万円借りた場合の返済シミュレーション結果です。

カードローン返済シミュレーション結果
SMBCモビット11,000円
プロミス11,000円
アコム9,075円
アイフル13,000円
レイク11,000円

大手消費者金融の返済シミュレーション結果は上記のようになりました。上記のシミュレーション結果は金利を含んだ数字なことに注意してください。

返済が苦しい月に、金利だけの支払いも可能ですが、あまりにも何度も繰り返すと、信用情報に傷が付き、場合によっては借入停止の返済専用カードになってしまうケースがあります。

その結果、他の消費者金融や銀行、その他ローン商品の審査通過が難しくなり、生活が不便になる可能性があります。

そもそも金利だけでは元本が減らないため、最終的な金利負担がかなり大きくなります。金利だけの返済もできるとは言え、必ず返済計画を守るようにしてください。

30万円借りることに関するQ&A

Q&A

最後に、30万円借りることに関するよくある質問と回答をまとめてみましたので、是非参考にしてください。

30万円借りる方法はありますか?

30万円借りる方法として、消費者金融や銀行のカードローンがおすすめです。安定収入さえあれば初回申し込みでも30万円は十分に可能ですし、毎月の返済額も11,000円~13,000円と、そこまで大きな負担にはなりません。

ただし銀行カードローンの場合、その日のうちに30万円を借りることはできず、どれだけ早くても翌営業日となります。これは例外なく、全ての銀行カードローンに共通して言えることです。

「今すぐに30万円借りたい!」「どうしても1時間後に30万円が欲しい!」など、即日融資希望でしたら消費者金融のカードローンが断然おすすめです。全ての消費者金融で即日融資に対応しており、審査だけでしたら最短30分程度で完了し、契約書などの手続きを含めても、申し込みから1時間もあれば30万円借りられます。

もちろんインターネットからの申し込みも可能ですので、例えば会社の終業1時間前にパソコンやスマホで申し込みだけ済ませておくことで、終業後すぐに30万円を指定口座に振込してもらうこともできます。

また、大手消費者金融のレイクでは、インターネット申し込み限定の60日間無利息キャッシングを採用しており、30万円借りても60日以内に完済することで金利負担が0になります。

レイク以外でも、ほぼ全ての大手消費者金融で無利息キャッシングを採用していますので、上手に利用しましょう。

30万円借りたいのにブラックリスト入りしている場合の解決策を教えてください。

信用情報がブラックリスト入りしている場合、完済後最長10年間はそのまま記録が残るため、期間が過ぎるまで残念ながら消費者金融や銀行などのカードローンを利用して30万円借りることはできません。

新規でカードローンを使って30万円借りたい場合には、とにかくブラックリストから解消されるまで待つしか解決策はありません。信用情報機関にブラックリスト解消をお願いしたところで、絶対に対応してくれません。

つまり、ブラックリスト入りしている状態で30万円を借りるためには、カードローン以外の方法を利用するしかありません。例えば、国の生活福祉資金貸付や生命保険の契約者貸付、不動産や車を担保にしての有担保ローンなどです。

またクレジットカードをすでにお持ちでしたら、キャッシング機能を使う方法もおすすめです。ブラックリスト入りしている状態で新規でクレジットカードを作ることはできませんが、すでにお持ちでしたら、問題なくキャッシング機能が使えます。

どうしても民間事業者から借りれない場合には、国の生活福祉資金貸付に申し込みしたり、家族や友人、同僚などに相談しましょう。

30万円を審査なしで借りたいです。どうしたらいいですか?

審査なしで30万円貸してくれる消費者金融や銀行は一切ありません。規模の小さな中小の消費者金融であっても必ず審査が行われ、基準を満たしていない場合には、30万円借りることはできません。

金融機関にとって最も重要視しているのが安定収入と返済能力であり、これらを満たしているかどうか確認するのが審査です。返済時の金利で利益を得ている金融機関にとって、審査は絶対に欠かせません。

審査なしで30万円借りたいのでしたら、クレジットカードのキャッシング機能や生命保険の契約者貸付がおすすめです。キャッシング機能でしたら限度額内で繰り返し借り入れが可能で、クレジットカードを持っていれば審査なしで利用できます。

生命保険の契約者貸付でしたら、解約払戻金を担保にお金を借りられるため、基本的に審査は行われません。絶対に利用してはいけないのが闇金です。闇金でも簡単な審査は行われますが、あくまでも形式的なもので、ほとんど審査なしで30万円借りられる可能性があります。

しかし闇金では法外な手数料はもちろんのこと、返済遅延時には暴力的な取り立て行為をしているため、精神的にかなり追い込まれます。周囲の人にも迷惑をかけてしまう恐れがありますので、絶対に利用してはいけません。

もしキャッシング機能や契約者貸付など、どこからもお金を借りれない場合には、両親や親戚、友人、同僚などに相談しましょう。きちんと30万円の利用目的を説明することで、貸してくれる可能性は十分にあります。

まとめ

今回は、30万円を借りたい人に向けて最適な方法について詳しく解説させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?30万円借りたい場合に1番おすすめなのが消費者金融のカードローンです。

雇用形態関係なくアルバイトやパートでも安定収入さえあれば30万円借りられますし、問題なく審査に通過することで、その日のうちに借りられます。ただし消費者金融のカードローンは総量規制の対象となるため、年収の1/3までしか借りられません。

つまり30万円借りるためには、他の消費者金融から借り入れのない状態で最低でも年収90万円が必要です。もちろん他の消費者金融から借り入れしていても、合計額が年収の1/3以内でしたら問題ありませんのでご安心ください。もし30万円借りたいのでしたら、ぜひとも大手消費者金融をご利用ください。

SMBCモビット ※【審査時間最短30分の表記に関して】 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
SMBCモビット ※【最短3分で振込キャッシングの表記に関して】 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
プロミス ※【審査時間最短3分の表記に関して】 お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
プロミス ※【最短3分融資の表記に関して】 お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
アコム ※【最短20分融資の表記に関して】 お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アコム ※【提携CD・ATMの表記に関して】 提携CD・ATMの詳細についてはアコムのホームページでご確認下さい。
アイフル ※【最短18分融資の表記に関して】 申込状況によって18分を超える場合があり、お申し込みの時間帯によっては翌日以降になる場合もあります。
アイフル ※【最短18分審査の表記に関して】 お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。

目次